日常の日焼け止め

日常の日焼け止めについて

シミの原因になってしまう紫外線。紫外線の強さは、季節や時間帯によっても異なりますし、雨や曇りの日には晴天の人比べると紫外線の強さもいくぶんか弱まります。また、太陽光線には必ず紫外線が含まれているので、室内にいてもカーテンを空けて太陽光を楽しんでいれば、紫外線は窓ガラスを通り抜けてくるので、シミ予備軍を作る事にもなってしまいます。

日焼け止めは、アウトドアをする時にだけ必要なものではありません。日常生活の中でも太陽の光を浴びればそこには紫外線も含まれていますから、社会生活を営んでいる人ならだれでも紫外線を浴びているはずなのです。そのため、日焼け止めも日常生活の一部として取り入れる事が必要です。

どんなタイプの日焼け止めが必要なのかは、その人のライフスタイルによって事なります。一日中オフィスワークをしていて、朝と夕方だけ外出すると言う場合には、それほど強力な日焼け止めは必要ありません。ファンデーションや化粧下地などに含まれている程度の日焼け止めでも十分に紫外線をブロックする事ができるかもしれませんね。

しかし、同じ日焼け止めのまま、週末にウィンドウショッピングやテーマパークなどに外出する時には、日焼け止めの効果も変わってきますよね。屋外で過ごす時間帯や長さによって、使用する日焼け止めも変えたりしながら、日常生活のシーンに合わせて日焼け止めを使い分けるようにしましょう。

そのため、日焼け止めは日常生活に合わせていくつかの種類を常備しておくと良いでしょう。出勤のときだけ紫外線をブロックできればよい場合には、ファンデーションや下地に含まれている日焼け止め成分を使い、ちょっとした外出にはメイクの上から使用できるスプレータイプの日焼け止めもオススメです。確実に塗りたい場合には、化粧下地の前に塗るローションやクリームタイプの日焼け止めが良いでしょう。日焼け止めはそれぞれSPF値なども異なるので、ライフスタイルに合わせて何種類か準備しておくのもお勧めです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器