ニキビと日焼け止め

ニキビと日焼け止めについて

ホルモンバランスが崩れたりストレスがたまったりすると、肌は皮脂分泌が活発になってニキビができやすくなってしまいます。ニキビができやすい人の多くは「ニキビができるから自分の肌はオイリー肌」と思い込んでいますが、実際には、そうした勘違いから間違ったスキンケアをしてしまい、肌が余計に乾燥してニキビができやすくなってしまいます。肌は乾燥すると表面の角質が硬くなって毛穴を塞いでしまうため、肌の乾燥を予防する事はニキビを予防する事にもつながります。

紫外線を浴びると肌は乾燥してしまいます。それがニキビの原因になってしまうので、ニキビができやすい人は日焼け止めを外出前には必ず塗るように心がけましょう。日焼け止めにもスプレータイプやローションタイプ、クリームタイプなど色々なタイプがあります。その中でも最も一般的なクリームタイプやローションタイプの日焼け止めは、なんとなく使用感がオイリーな感じがして、日焼け止め成分が毛穴の中に詰まってしまいそうな気がしてしまいますよね。その場合には、できるだけ使用感の軽いタイプの日焼け止めを選ぶのがポイントです。

日焼け止めのSPF値が上がると、水や汗などでも簡単に流れないウォータープルーフタイプの日焼け止めも多くなってきます。ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、紫外線を確実にブロックしてくれるというメリットはありますが、普段の洗顔剤だけでは簡単に落ちないために毛穴の中に詰まりやすいというデメリットもあるので注意しましょう。ニキビができやすい肌質の人の中には、「日焼け止めを塗るとニキビが悪化する」という人もいるようです。その場合には、日焼け止めを無添加の低刺激タイプのものに変えてみたり、吸収剤ではなく拡散剤が入っているタイプの日焼け止めに変えてみるだけでも肌への刺激が変わるのでおすすめです。メイクの下地にもなる日焼け止めを使うのも良いでしょう。ニキビができやすい人は、使用感が軽いものを選び、メイククレンジングなどで1日の終わりにはきちんと日焼け止めも落としてあげる事が大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器