日焼け止めの成分

日焼け止めの成分について

たくさんのブランドからラインナップされている日焼け止め。日焼け止めにはどのような成分が配合されているのでしょうか。日焼け止めに配合されている成分は、日焼け止めの種類によっても異なります。

・紫外線を吸収するタイプの日焼け止め
紫外線を吸収し、熱に変える事によって肌の内側に紫外線を浸透させないように作用するのが、吸収タイプの日焼け止め。このタイプの日焼け止めには、紫外線吸収剤が配合されています。紫外線吸収剤として使われている成分には、サリチル酸フェニル、パルソールA、グアイアズレン、メギゾリル、オキシベンソンなどの成分があります。これらの成分は紫外線を熱に変える化学成分などを含んでいるため、敏感肌の人にとっては刺激が強すぎて肌トラブルを起こしてしまう事もあるので気をつけましょう。

・紫外線を拡散するタイプの日焼け止め
肌の表面で、受けた紫外線を跳ね返してくれることによって肌の内側に紫外線が入り込まないように作用するのが拡散タイプの日焼け止めです。紫外線を跳ね返すだけで熱に変化させたりするわけではないこのタイプの日焼け止めは、吸収タイプの日焼け止めと比較すると低刺激なのが特徴です。拡散剤として使用されている成分には、酸化セリウム、カオリン、酸化チタン、タルクなどがあります。無添加タイプの日焼け止めも、このタイプの日焼け止めが多いようですね。

紫外線には、UVA波とUVB波があります。A波はメラニン色素を黒くするタイプの紫外線で、窓ガラスも容赦なかく通過するという特徴があります。B波は肌に熱を与えて赤くするタイプの紫外線で、浴びすぎると皮膚がんなどを引き起こすという特徴を持つ紫外線。どちらも肌にとってはマイナスの影響があるので、日焼け止めにはA波もB波もブロックしてくれる効果のあるものを選ぶようにしましょう。A波をブロックしてくれる日焼け止めには、SPF10〜SPF50ぐらいまで「SPFxxx」と表記されていて、B波をブロックしてくれる日焼け止めは、「PAxxx」のように表記されています。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器