紫外線と目の痛み

紫外線と目の痛みについて

紫外線がダメージをあたえるのは、私達の肌だけではありません。ものを見るために常に空いている眼球もまた、紫外線のダメージを受けています。特に、紫外線が強い季節になると、眼球が紫外線によって与えられるダメージも大きくなるため、目の痛みや頭痛など、たくさんの症状が見られる事もあるようです。

紫外線によって引き起こされる眼精疾病の一つに、雪目炎というものがあります。これは、真っ白な雪山などで、サングラスをかけずに長時間過ごすと、紫外線が強くないはずの季節でも角膜が炎症を起こしたりして、目が痛くなるという眼精疾患。紫外線が強くない季節でも、雪に紫外線が反射して、目にダメージを与えているわけですね。雪眼炎は雪山以外でも起きる可能性がある眼精疾患で、紫外線を長時間無防備に浴び続けると、慢性的な雪眼炎にもなってしまうので注意が必要です。紫外線をずっと浴びて雪眼炎になると、目を開けていられないほどに痛くなります。また、紫外線によって眼球のたんぱく質が破壊されてしまうため、白内障などを起こしやすくなってしまう事もあります。眼精疾患は、発症してから治療すると気が遠くなるほどの時間がかかる事も多いので、できるだけ発症しないうちに予防策を取る事がおすすめです。

紫外線が強い季節には、眩しいと感じていなくてもUVカットされているサングラスをかけるのが理想的です。特に、長時間のドライブをする場合には、サングラスは必需品。屋外で長時間を過ごす場合にもサングラスは忘れずに着用するようにしましょう。

サングラスといってもいろいろな濃さ、大きさ、デザインなどがラインナップされていますよね。色が濃ければ必ずUVカットされているというわけではないので、サングラスを購入する時には「UVカット」と明記されているものを選ぶようにしましょう。サングラスの色は、薄すぎず濃すぎずがおすすめ。色が薄すぎると、太陽光線の眩しさをカットしてくれませんし、色が濃すぎるものは、眼球が大きく開いてしまうために眼が疲れやすくなってしまいます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器