紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤について

日焼け止めクリームや日焼け止めローションなど、日焼け止めにはいろいろなタイプがありますが、日焼け止めアイテムは大きく分類すると、紫外線散乱剤タイプ化紫外線吸収剤タイプ化に分類する事ができます。

紫外線散乱剤タイプの日焼け止めは、日焼け止め成分として紫外線散乱剤が配合されているタイプの日焼け止め。肌の表面に日焼け止めを塗る事によって、肌の表面を紫外線散乱剤でコーティングし、外から降り注ぐ紫外線を紫外線散乱剤は反射させて肌の内側に侵入しないようにするメカニズムになっています。鏡が光を跳ね返すようなイメージですね。

紫外線吸収剤は、一般的には紫外線を反射させるパウダー成分が使われている事が多いようです。化学成分が全く配合されていない無添加タイプの日焼け止めなどの多くも、紫外線吸収剤が採用されている事が多いようですね。

一方、紫外線吸収剤タイプの日焼け止めは、外から受けた紫外線を紫外線吸収剤が吸収して熱に変換する事で肌への吸収を妨げるという働きをしています。紫外線を熱へと変換する作用がある紫外線吸収剤は、化学成分が使われている事も多く、肌が敏感な人や肌トラブルを起こしやすい人にとっては、もしかしたら日焼け止めを使用する事によって肌トラブルが起きてしまうかもしれません。肌が敏感な人は、紫外線吸収剤タイプではなく、紫外線散乱剤タイプの日焼け止めを使用するようにしましょう。

日焼け止めクリームの中には、紫外線散乱剤タイプか紫外線吸収剤タイプなのか明記されている商品もありますが、そうでない場合もあります。一般的に、SPF値の高い日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤も紫外線散乱剤もどちらも配合する事によって日焼け止め効果を強くしていることが多いようです。そのため、SPF50+など最強の日焼け止め効果が期待できる日焼け止めの場合には、紫外線吸収剤が含まれていると考えても良いですね。

肌を紫外線から守るためには、SPF値にかかわらずに頻繁に塗りなおすことが必要です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器