紫外線を浴びるとどうなる!?

紫外線を浴びるとどうなるかについて

太陽光線に必ず含まれている紫外線。人間が健康的に生活するためには、ある程度の日光は必要ですが、過剰な紫外線は肌や健康に大きなダメージを与えてしまいます。紫外線を浴び続けると、まず私達が実感するのは、日焼けという症状ですよね。日焼けといっても、色白の人なら肌が赤くなって火傷のような症状になりますし、色黒の人なら肌が赤くならずに黒くなります。この症状は一見するとなんでもない症状にも思えますが、日焼けを繰り返していると、体内で活性酸素が形成されて、シミやシワなど肌の老化現象が一気に加速します。また、活性酸素が化学反応を起こして皮膚ガンの原因にもなってしまいます。

活性酸素とは、病気や老化の原因となる悪い物質。活性酸素が体内で増えると、体は疲れやすくなったり、肌がくすんで肌トラブルなどもおきやすくなってしまいます。アンチエイジング効果のあるサプリメントや健康食品、スキンケアなどは、この活性酸素を軽減する事ができるという効果がありますが、紫外線を浴びる事によって活性酸素が作られてしまうので、紫外線を浴びている人はサプリメントやスキンケアなどで健康対策をしていても、効果が半減してしまう事になります。

また、紫外線を浴びる事によって免疫機能も低下してしまいます。これは、紫外線を浴びる事によってランゲルハンス細胞という免疫機能をつかさどっている細胞が破壊されてしまうためで、紫外線を浴びる事によって、免疫系の病気にかかりやすくなってしまいます。感染症などもそのひとつですね。

無防備に紫外線を浴びる事による影響の中でも最も深刻なのは、やはりガンではないでしょうか。UV-A波を大量に浴びる事によって、肌が火傷をした状態になってしまいます。すると、肌細胞の中に含まれているDNAが破壊されてしまうために、細胞が自然治癒できなくなってしまい、それが皮膚ガンを引き起こす原因になると言うわけです。

紫外線が強い季節や時間帯にアウトドアを楽しむ場合には、かならず日焼け止め対策をして紫外線を極度に浴びないような対策をしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器