紫外線を落とすためのクレンジング

紫外線を落とすためのクレンジングについて

紫外線が強い季節になるとシミやシワを防ぎたい人にとっては必要不可欠なアイテムになる「日焼け止め」。日焼け止めにもSPF値によってどのぐらい紫外線をブロックしてくれるのかという効果も異なりますし、ウォータープルーフタイプのものなどは、水や汗などでも落ちにくい変わりに、1日の最後にメイククレンジングを使わなければ落ちないという強力なタイプの物もあったりします。

紫外線をブロックしてくれる日焼け止めですが、正しい使い方で使用しないと、日焼け止め成分が毛穴の中に詰まってニキビの原因になってしまったり、肌のくすみの原因になってしまう事もあるので気をつけましょう。

日焼け止めを落とす時には、その日焼け止めがどんなタイプの日焼け止めなのかを考えて、必要ならメイククレンジングやウォータープルーフメイクを落とせるタイプのクレンジングを使うことも必要です。日焼け止めは朝1回塗るだけではなく、屋外で過ごす時間が長い場合には1日に何回も塗りなおすことも少なくありません。そのため、どうしても毛穴の中に日焼け止め成分が入り込んで詰まりやすくなってしまいます。

日焼け止めを確実に洗い落とす場合には、オイルタイプのメイククレンジングがおすすめ。オイルのつまりはオイルを使ってスピーディに落としてあげるわけですね。この時、毛穴の中に詰まっている日焼け止め成分を確実に洗い落とすために、蒸しタオルなどを顔に乗せて毛穴を開いてからクレンジングを使うとよいでしょう。開いた毛穴の中にオイルクレンジングの成分を入れて軽くマッサージすれば、ほとんどの日焼け止め成分を洗い落とす事ができます。ゴシゴシ擦ると肌へのダメージが大きくなってしまうので、あくまでもやさしく軽くマッサージする程度にしておきましょう。

日焼け止めをクレンジング剤で落としたあとには、徹底した保湿ケアも必要です。日焼け止めを塗っていても肌はいくらかは紫外線によるダメージを受けているので、保湿ケアや保湿パックなどによって肌に水分補給をして、肌のターンオーバーを促進してあげると良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器