汗に流れにくい日焼け止め

汗に流れにくい日焼け止めについて

紫外線が強くて日焼け止めが必要になる季節には、気温も高くなって高温多湿な日本の気候では汗をたくさんかく事になります。日常生活をしているだけでも外に出ると汗をかいてしまうのですから、屋外でスポーツをしたりしてアウトドアを楽しむ際には、せっかく塗った日焼け止めが汗で流れてしまうのではないかと心配になってしまう事もありますよね。

日焼け止めは基本的に汗や水にも耐えられる事を想定されていないので、「汗に流れにくい」「ウォータープルーフ」と謳われているものでなければ汗と一緒に流れ落ちてしまいます。そのため、屋外で長時間を過ごす場合には、かならずウォータープルーフタイプの日焼け止めをつける事が必要です。

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、雨や汗などで簡単に流れてしまう事はありません。しかし、汗をかけばハンカチなどで汗をふきますし、そうした刺激によって流れ落ちてしまう事はもちろんあります。また、ウォータープルーフといっても一度塗れば一日中水の中でも落ちないと言うわけでもないので、マリンスポーツなど日焼け止めが流れ落ちやすい環境で過ごす場合には、汗に流れにくい日焼け止めをこまめに塗りなおす作業も必要です。

汗に流れにくい日焼け止めは、ちょっとした水分で簡単に落ちてしまわないように工夫されていますが、それと同時に、1日の最後に日焼け止めやメイクを洗い流す時にも、そう簡単には落ちないと言うデメリットもあります。メイクをしている人ならメイククレンジングを使うので、目行くと一緒に日焼け止めも落とす事ができますが、メイクをせずに日焼け止めのみを塗っていた場合には、洗顔剤のみでウォータープルーフタイプの日焼け止めを落とせない事も少なくありません。日焼け止め成分がきちんと洗い落とせないと、毛穴の中に詰まってニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。汗に流れにくい日焼け止めを使ったら、1日の最後にはきちんとメイククレンジングを使って毛穴の中におちている日焼け止め成分なども根こそぎ洗い落としてあげましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器