子供の日焼け止め

子供の日焼け止めについて

大人よりも肌がデリケートな子供は、日焼け止めを選ぶ時にも子供用のものを選ぶのがおすすめです。子供用の日焼け止めは、赤ちゃんなどが使っても肌に刺激を与えすぎない超低刺激のものが多いですし、繊細な肌を確実に紫外線から守ってくれるようにSPF値が高いものがたくさんラインナップされています。

日焼け止めとか紫外線などをあまり気にしない子供でももちろん日焼け止めは必要です。しかし、日焼け止めを塗った肌をこすってはいけないとか、あまり口うるさくもなりたくありませんよね。そのため、子供用の日焼け止めは頻繁に塗りなおすことが必要です。スプレータイプなどスピーディにサッと塗れるタイプの日焼け止めもお勧めですが、紫外線を浴びやすい顔や肩などには、クリームタイプの日焼け止めを、顔が白くなりすぎるくらいにたっぷり乗せてあげましょう。

大人の日焼け止めだと、その上からメイクをしたりするので、日焼け止めも肌に刷り込むような感じで塗る事も多いと思います。しかし、メイクをする事がない子供の肌には、肌に刷り込むように日焼け止めを塗るのではなく、肌の表面に日焼け止めをたっぷりと乗せてあげるような感じで塗るのがおすすめです。肌を日焼け止めで覆ってしまうぐらいの方が、紫外線を肌から守ってくれるという目的に近づくようですね。

子供の日焼け止めは、メイククレンジングなどを使わなくても落とす事ができます。お風呂に入った時に軽く石鹸で落としてあげれば問題ありませんが、塗りすぎてしまった場合や、何回も塗って毛穴に日焼け止めが詰まってしまうのが心配な場合には、お風呂で流す前にウェットティッシュなどで肌の表面についている余分な日焼け止めをふき取ってあげるのも効果的です。

子供の顔につけた日焼け止めを石鹸で洗い流す時には、ベビー用の低刺激タイプの石鹸を使うようにしてくださいね。大人用の洗浄力の強いボディソープなどは、肌がカサカサになってしまうのでNGです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器