日焼け後のケア

日焼け後のケアについて

日焼け後の肌は、熱を持って火照っている事も多いですし、どす黒く日焼けしてしまったり、赤くなって痛みを伴う場合などもあったりします。日焼けをすると後々のシミも心配ですが、日焼け直後の肌は、状態に応じて適切な処置をしてあげる事を優先するようにしましょう。

・肌が熱を持っている場合
日焼け後の肌は、暑く熱を持っている事も少なくありません。この場合には、熱を冷ましてあげるように熱さまシートなどを使って、火照っている部分を冷やしてあげましょう。アロエなどの成分が入っている冷却ジェルなどもオススメです。冷蔵庫で冷やした化粧水をコットンにたっぷり含み、冷たい化粧水パックをして熱を持っている肌を冷やしてあげるのも効果的ですし、肌の炎症を抑える効果のあるスキンケアを使うのも良いでしょう。

・肌がどす黒く日焼けしてしまった場合
肌が黒くなったということは、メラニン色素が活発に作用してしまったという事。肌の新陳代謝に合わせて肌のどす黒さも少しずつ改善されていくとはいえ、その中のいくつかは肌の内側に何年間も潜伏してシミ予備軍になってしまうリスクもあります。そのため、日焼け後のスキンケアは、とにかく肌の内側まで美白効果が浸透するタイプのスキンケアを使いましょう。シミは肌の表面に出てきてから対応するのでは治療に気が遠くなるほどの時間がかかってしまいます。肌の内側でシミ予備軍と呼ばれている段階でさっさと対応してしまった方がスピーディなのです。

・肌が赤く痛みを伴う場合
色白の人に多く出るのが、この症状。通常ならメラニン色素の防衛作用によって肌が黒くなるのですが、メラニン色素が少ない色白の場合には、肌が赤くなって痛みを伴い、火傷の状態になってしまいます。この場合、とにかく肌を冷やして熱を冷ましてあげるケアを集中して行いましょう。赤みも痛みもひどい場合には、皮膚科にいって火傷の処置をしてもらうことも必要です。2,3日様子を見て赤さや痛みがなかなか引かない場合には、専門家を受診してくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器