日焼け対策

日焼け対策について

日本がバブルだった1980年代には、日焼けして小麦色の肌をしている事が大人気で、誰もが日焼け対策などをせずに無防備に、そして積極的に日焼けをしていたものです。しかし、現在では、日焼けがもたらす肌への影響や健康被害・美容被害などの情報も広くいきわたっているので、日焼けをしたいという人も激減しています。美容や肌にとっても、日焼けしない事は理想的ですね。

私達の肌は肌色。平均的な肌色よりも色白の人もいれば、色黒の人もいたりしますが、基本的に肌のトーンは違っても「肌色」という基本的なカラーに変わりはありません。この肌色を作っているのが、肌細胞の中のメラニン色素で、メラニン色素は紫外線を浴びると色が濃くなるという性質を持っている成分です。日焼け対策をするためには、このメラニン色素の色が濃くならないような対策を取る事になります。

日焼け対策にはたくさんの種類があります。
・紫外線に当たらないようにする
・日焼け止めを塗って肌に紫外線が吸収されないようにする
・メラニン色素の色を脱色する効果のあるスキンケアを使う
・食べ物で紫外線による肌へのダメージを改善する


日焼け対策はどの方法でも、できるだけ紫外線を浴びないように意識しながら、浴びてしまった紫外線による肌へのダメージを最小限に抑える事になります。太陽光線に含まれている紫外線を全く浴びる事なく生活する事は難しいですから、外出する時には防止や日傘、日焼け止めなどをフル活用して、紫外線による肌ダメージを受けないように気をつけると良いでしょう。

若い頃の無防備な日焼けは、30代、40代になってからシミや色素沈着として肌に現れてくる事も少なくありません。一度できてしまったシミなどはスキンケアや食べ物などで消し去るには時間も労力もかかりますから、できるだけシミが出来にくい肌質を作るような予防をする事が大切ですね。日焼け対策は、太陽の日差しが強くない雨の日や曇りの日、冬でも気を抜かないようにするのがポイントです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館]について

日焼け止めの塗り方や順番/シミ防止方法等の基礎知識をはじめ、紫外線対策に効く化粧品やグッズの紹介に、身体各部位の日焼け対策方法などについてまで、紫外線/日焼け対策について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [紫外線対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
日焼け対策
日焼け対策について
日焼け止めの塗り方
無添加日焼け止め
日焼け止めの順番
日焼け止めの成分
日焼けとシミ防止
日焼け止めの効果
日常の日焼け止め
日焼け止め SPF
日焼け後のケア
日焼け止めの塗り直し方法
子供の日焼け止め
メンズ日焼け止め
ニキビと日焼け止め
日焼け止め
日焼け止めスプレー
日焼け止めクリーム
日焼け止め下地
UVカット付ハンドクリーム
UV美容液クリームファンデ
オーガニック日焼け止め
汗に流れにくい日焼け止め
紫外線を落とすためのクレンジング
身体別日焼け対策
顔の日焼け止め
頭皮の日焼け対策
唇の日焼け対策
日焼け対策手袋
UVカット帽子
UVカット目薬
UVカットサングラス
日焼け対策化粧品の紹介
ビオレの日焼け止め
ニベアの日焼け止め
ドゥーエの日焼け止め
ドイツ日焼け止めクリーム
アリーの日焼け止め
資生堂日焼け止めサンメディック
資生堂エリクシールBB UV
UVブロックパウダー
紫外線対策グッズの紹介
紫外線チェックカード
紫外線カットシート
紫外線センサー
紫外線豆知識
紫外線とは
紫外線を浴びるとどうなる
紫外線対策について
日本の紫外線量
月別の紫外線
窓越しの紫外線
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤
紫外線カット率測定
紫外線と目の痛み
紫外線測定器