重曹を使った洗顔方法

重曹を使った洗顔方法について

毛穴の開きや黒ずみ、角栓のつまりなど、毛穴に関する悩みを解消するには重曹を使った洗顔法方がお勧めです。重曹はベーキングソーダとも呼ばれている成分で、食べると少し苦味のある成分。スーパーやホームセンターなどで販売されていて、ケーキなどふくらみが必要な料理に使う事もありますし、茶渋などを取り除く際に汚れ落とし成分として使われる事もあります。リーズナブルに購入出来る重曹は、実は、毛穴ケアにも大きな効果があります。

重曹にはもともと、脂肪を分解する作用があります。そのため、重曹を使った洗顔をしたあとは、洗いあがりもサッパリして、毛穴のもすっきりとお掃除できたような爽快感を味わう事もできます。重曹によって肌表面に残っていた古い角質なども一掃できるので、洗顔後は肌の表面がツルリと皮が向けたような感じで、モチモチの弾力肌を手に入れる事も可能です。

重曹を使った洗顔方法をご紹介しましょう。方法はとても簡単です。重曹を掌に取り、ぬるま湯を少しずつ足しながら溶かします。泡立てネットを使って泡立てても良いのですが、そのまま肌にぬってもOK。重曹はもともと粒子が細かい成分なので、そのまま肌に塗布しても、細かい毛穴の中に入り込んで皮脂や汚れを取り除く事ができます。

重曹を肌に滑らせながら1,2分かけて洗顔したら、その後はぬるま湯で重曹をサッと洗い流すだけです。この時、重曹を洗い流す水に、少しだけ酢やレモン汁など酸性のものを入れておくと、洗いあがりはサッパリとマイルドになります。重曹はもともと弱アルカリ性なので、洗顔後に肌を中和するため、酢やレモンを水に混ぜるというわけですね。

重曹を使った洗顔は、毎日行なうタイプの洗顔ではありません。毛穴のつまりや汚れが気になる場合でも週に1回〜2回程度、通常の場合には週に1回程度を目安にして、集中ケアとして重曹洗顔をするのがおすすめです。ニキビができやすい人や、毛穴が詰まりやすい人などは頻度を多くし、肌が薄くて敏感な人は頻度を少なくしたりして、肌質と相談しながら上手に活用してくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館]について

洗顔フォームの使い方等の基礎知識をはじめとして、水洗顔や炭酸水、重曹などの様々な洗顔方法の解説や、アトピー肌や脂性肌など悩み解決洗顔方法の紹介ほか、洗顔について幅広く奥深くまで解説した洗顔専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館] TOPページへ戻る

このページのトップへ