洗顔料の分類

洗顔料の分類について

スキンケアの基本は洗顔。洗顔をする時には、お湯や水だけで洗うのではなく、洗顔剤をきちんと使って洗顔するようにしましょう。洗顔料には、体内から分泌される皮脂や汗、汚れなどを洗い流すための成分が配合されています。水だけである程度の汚れを落とす事はできますが、洗顔料を使う事によって、水だけでは落ちなかった汚れや汗、皮脂なども根こそぎ落とす事ができるので、洗顔後に毛穴に汚れが残ってしまう事もありません。

洗顔料はたくさんのブランドからいろいろなタイプのものがラインナップされています。固形石鹸タイプ、ジェルタイプ、フォームタイプ、ミルクタイプなど、形状で洗顔料を選ぶこともできますし、洗顔料に配合されている成分によって肌への効果や作用が異なるので、そういった点で洗顔料を選ぶのも良いかもしれませんね。

洗顔料は、配合されている成分や効果によっていくつかに分類する事ができます。

・ニキビケア用洗顔料
殺菌成分などの薬用成分が配合されている洗顔料は、ニキビケアにおすすめのタイプ。ニキビの原因になるニキビ菌を殺菌する事ができるので、ニキビができにくい肌質へと改善する事ができます。また、ニキビの炎症を抑える成分も配合されているので、すでにできているニキビも炎症を抑えて小さくする事ができます。

・保湿用洗顔料
洗顔料をつかって洗顔すると肌がつっぱってしまうような肌質の人は、保湿効果が高い洗顔料が良いかもしれませんね。ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されている洗顔料なら、皮脂や汗などの汚れを取り除いた後に保湿成分で肌の表面をコーティングしてくれるので、肌がつっぱる事も少なくなります。

・アンチエイジング用洗顔料
コラーゲンやプラセンタなどの美肌成分が配合されている洗顔料は、体内から補給しにくい成分を洗顔剤によって補給する事ができるので、使い続ける事で肌細胞の一つ一つにハリや弾力を与える事ができます。アンチエイジング成分にもいろいろな種類があるので、自分の肌と相性が良い成分を見つけましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館]について

洗顔フォームの使い方等の基礎知識をはじめとして、水洗顔や炭酸水、重曹などの様々な洗顔方法の解説や、アトピー肌や脂性肌など悩み解決洗顔方法の紹介ほか、洗顔について幅広く奥深くまで解説した洗顔専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館] TOPページへ戻る

このページのトップへ