洗顔後の皮ボロボロを防ぐには

洗顔後の皮ボロボロを防ぐ方法について

洗顔後に顔がつっぱったり、肌が白い粉をふいたり、皮がボロボロと剥がれ落ちてくるなんて肌トラブルを抱えている人は、もしかしたら肌が極度に乾燥しているのかも知れません。自分では皮脂分泌が過剰だからオイリー肌だと思いこんでいても、実は極度の乾燥が原因で皮脂分泌が過剰になっているドライオイリーの人も少なくありません。

肌の表面にある角質層は、肌に合わない洗顔剤を使うと肌に必要な皮脂成分までも取り除いてしまいます。そうすると、肌は外部の刺激から肌を守ろうとして、皮脂分泌が活発になります。オイリーなのに肌がカサカサしているという人は、必要以上に皮脂を取り除いて肌が乾燥肌になっている事も多いようです。

洗顔後に皮がボロボロと向けてしまう人は、明らかに肌が乾燥しているので、洗顔剤だけでなく、スキンケアもとにかく保湿ケアができるものを見つけましょう。皮脂分泌が過剰でも、肌は乾燥肌肌質によって洗顔剤を選べる場合には、乾燥肌用のスキンケアを選ぶようにしましょう。保湿ケアでは、肌にオイルを与えるわけではなく、肌細胞に水分を補給します。最初はなんとなくベタベタするなという感じがしても、継続して使っていれば、肌のボロボロが少なくなり、肌には透明感が出てくるはずです。

洗顔後に肌がボロボロと皮向けしてしまう場合には、洗顔方法を工夫する事もできます。洗顔剤はできるだけ無添加だったりマイルドで肌に刺激を与えないものを選び、とにかく泡洗顔を心がけると良いでしょう。泡洗顔の泡を肌の上を転がすだけでも、汚れは十分に落とす事ができます。ゴシゴシ擦ると、皮がさらにボロボロとむけてしまいますから、指などで擦るのは厳禁。洗顔後でも肌がシットリしていて、ツッパラナイぐらいが理想的な洗いあがりなのです。

泡洗顔をしたあとは、肌が乾燥しないうちにすぐに保湿のための化粧水をつけて、肌の乾燥を予防してあげる事も大切です。タオルドライした直後に化粧水をつける習慣をつけましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館]について

洗顔フォームの使い方等の基礎知識をはじめとして、水洗顔や炭酸水、重曹などの様々な洗顔方法の解説や、アトピー肌や脂性肌など悩み解決洗顔方法の紹介ほか、洗顔について幅広く奥深くまで解説した洗顔専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館] TOPページへ戻る

このページのトップへ