アトピー肌の洗顔方法

アトピー肌の洗顔方法について

極度の乾燥肌と敏感肌のコンビネーションとも言える肌質のアトピー。アトピー性皮膚炎を持っている人は、肌にわずかな刺激を与えるだけでも肌にとっては大きな負担になってしまうので、スキンケア商品を使いたくても使えないという人も少なくありません。しかし、美肌を作るためには、素肌をそのまま放置しているのではなく、アトピーの肌でも工夫をしながら、スキンケアをする事が大切です。

アトピー肌の場合には、軽くなでたり、擦ったり、さすったりするだけでも肌トラブルの原因になってしまうので、肌に触れてこすれやすい洗顔の時には、十分な注意が必要です。できるだけ肌に刺激を与える要因を減らしながら、肌にとって余分な皮脂や汚れのみを取り除くようにしなければいけません。

まず、洗顔をする時の水の温度。温度が高いお湯で洗うと洗顔後にはサッパリしますが、肌の表面の角質層や肌にとって必要な皮脂なども全て剥がれてしまう事も多いため、アトピー肌の場合には、できるだけ水に近い低温で洗顔した方が良いでしょう。また、洗顔剤を使う際にも、洗顔剤で肌に刺激する事なく毛穴の仲の汚れだけを取り除けるように、必ず泡立てネットを使ってモコモコの泡を立て、手が肌に触れないように泡洗顔をするように心がけましょう。泡の粒子が毛穴の中に入り込んで汚れをかき出してくれるので、泡洗顔でも十分に汚れを落とす事ができます。

洗顔後にはどんな肌質の人でも、肌がとても乾燥しやすい状態になっています。特に極度の乾燥肌でもあるアトピーの場合には、洗顔後はすぐに化粧水をつけて、肌にたっぷりと保湿をしてあげましょう。最近は、化粧水の浸透を高める効果のあるブースターなどもラインナップされているので、そうしたアイテムを使いながら、できるだけ肌の内側の奥深くに化粧水成分を浸透させて、内側から保湿してあげるようなスキンケアをする事が大切です。

アトピー肌は、ちょっとした添加物や化学成分などによって肌トラブルを起こしやすいので、無添加タイプの洗顔剤を選ぶ事もおすすめです。肌との相性を最優先に考えて、毎日使っても肌トラブルを起こさないような洗顔剤を見つけてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館]について

洗顔フォームの使い方等の基礎知識をはじめとして、水洗顔や炭酸水、重曹などの様々な洗顔方法の解説や、アトピー肌や脂性肌など悩み解決洗顔方法の紹介ほか、洗顔について幅広く奥深くまで解説した洗顔専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア洗顔館] TOPページへ戻る

このページのトップへ