乳液とニキビ

乳液とニキビについて

基本的なスキンケアのプロセスは、化粧水→美容液→乳液、とつづきます。乾燥肌でもオイリー肌でも、基本的にはこのプロセスは省略する事なく毎日行なう事が美肌を手に入れるためには必要なのですが、ニキビができやすい肌質の人にとっては、乳液をつける事で毛穴がふさがれてしまうからと、乳液を省略してしまう事も少なくないのではないでしょうか。

皮膚科のドクターの中にも、乳液はオイリー成分だから、ニキビが出来やすい人はあまり試用しないほうが良いと指導する事もあるようです。確かに、ニキビができやすい肌質の人が、アンチエイジング用などで極度にシットリするタイプの乳液をたっぷりとつけてしまうと、毛穴の中に乳液成分がベッタリと残ってしまい、そこからニキビができやすくなってしまうかもしれません。しかし、乳液をつけなければ、化粧水で水分補給しても肌の内側に浸透する前に蒸発してしまうので、肌はどんどん乾燥肌になってしまいます。乾燥肌が進むと、肌のバリア機能によって皮脂分泌がさらに活発になり、もっとニキビができやすくなってしまいます。肌の悪循環に陥ってしまうわけですね。

そうならないためには、ニキビ肌の場合には、薬用成分などが配合されていてサッパリした使用感の乳液を選ぶ事がおすすめです。ニキビケア用スキンケアブランドの多くは、洗顔剤、化粧水、乳液などが全てラインでラインアップされています。ニキビケア用スキンケアアイテムには、度のアイテムにもニキビができにくくする抗炎症成分や殺菌成分などが配合されているので、ニキビ菌を殺菌してニキビが出来にくい肌質を作る事ができます。

また、乳液の中にも、サッパリタイプやシットリタイプなど、使用感で選ぶ事ができるスキンケアブランドもたくさんあります。ニキビが出来やすい人なら、サッパリタイプの乳液を選べば、べたつかずに乳液を使用する事ができます。ニキビケア用スキンケアは、女性だけでなく男性が使うことも多いため、ニキビができやすい肌質でも女性の場合には、サッパリタイプだとサッパリしすぎてしまう事もあるようです。サンプルやトライアルなどを使いながら、自分の肌と相談しながら決めると良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア乳液館]について

乳液の基礎知識や使い方、おすすめ製品の紹介をはじめとして、化粧水と乳液の順番についてやニキビができた時の使い方、そして洗顔との関係や男性の乳液について等など乳液について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア乳液館] TOPページへ戻る

このページのトップへ