乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いについて

スキンケアアイテムの中には、同じようなテクスチャーで、同じような働きをしているアイテムが同じブランドからラインナップされている事も少なくありません。その中の一つに、乳液とクリームがあります。乳液もクリームも、どちらもテクスチャーが緩いか硬いかの違いのような気もしますし、どちらも保湿を担当しているアイテム。どういう基準で乳液かクリームかを選べば良いのか迷ってしまう事も多いですし、それぞれどんな目的で使用しているのか、その違いまで詳しく理解している人は、女性でもそれほど多くはありません。

乳液もクリームも、どちらも化粧水で与えた水分を蒸発させないように肌に蓋をする役割をしています。どちらもオイル成分ですが、乳液とクリームのうち、使用感が軽くてベタツキ感が少ないのは乳液ですね。クリームは乳液よりも確実にオイル成分がたっぷりと含まれているので、季節によってはクリームをつけるとニキビができやすくなってしまう肌質などもあるようです。

乳液とクリーム、化粧水で水分補給したあとの肌にはどちらかのアイテムが必要なのですが、自分の肌質や肌の状態、使う季節や時間帯などによってどちらのアイテムを使うのかを決めると良いでしょう。例えば、夏は朝も夜も乳液にして、肌が極度に乾燥しやすくなる冬には、朝は乳液で夜はクリームにするとか、若いうちには皮脂が不足する事も少ないので朝も夜も乳液にして、30代後半あたりで皮脂分泌が低下してきたら、朝はデイクリームで夜はナイトクリームにするなど、たくさんの要因を考慮しながら、化粧水の後にどちらのアイテムを使うのかを選ぶと良いでしょう。どちらも手元に持っていて、その日の肌の調子で決めるという方法もお勧めですよ。

アンチエイジングを初めた肌なら、夜のスキンケアでは乳液よりもクリームがおすすめです。クリームをつける事で、化粧水や美容液の成分を確実に肌の内側に浸透させる事ができますし、睡眠中の新陳代謝を促進してくれる作用があるクリームなどもラインナップされています。睡眠中には意外と肌が乾燥しやすいので、睡眠中の乾燥から肌を守るためにもクリームがおすすめです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア乳液館]について

乳液の基礎知識や使い方、おすすめ製品の紹介をはじめとして、化粧水と乳液の順番についてやニキビができた時の使い方、そして洗顔との関係や男性の乳液について等など乳液について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア乳液館] TOPページへ戻る

このページのトップへ