乳液の使い方

乳液の使い方について

化粧水と比べると、どうしてもオイリーでベタベタな感じがしてしまう乳液。ベタベタするのがイヤな人や、汗を書きやすい季節などには、べたつく乳液は省略されてしまいがち。しかし、乳液は基本的なスキンケアプロセスの中では大切な役割をしているアイテムなので、べたつくのがイヤな人は、使用感がサッパリするのもを選んででも、省略せずに使用するようにしましょう。

スキンケアではまず、化粧水を肌につけて肌細胞に水分補給をしながら、乾燥してゴワゴワしやすい肌細胞を柔らかく整えてくれます。その後に美容液などで美容成分を補給して、最後に乳液をつけます。乳液がオイリー成分でできているのは、化粧水や美容液などで与えた栄養分が蒸発してしまわないように蓋をする役割をしているから。乳液をつけないと、せっかく肌に水分補給をしても、肌に浸透する前に蒸発してしまい、化粧水の効果が少なくなってしまいます。

乳液は、正しい使い方をすれば肌を保護する効果があるだけでなく、肌の水分量やバランスを整えてくれます。その方法をご紹介しましょう。

乳液は、化粧水と美容液を使った後、1分ほど時間をおいて肌がシットリ落ち着いてきた頃に使うのが理想的です。化粧水や美容液が浸透しないうちに乳液をつけてしまうと、乳液成分が肌の表面をコーティングしてしまうので、化粧水や美容液がそれ以上浸透していきません。ある程度水分成分が浸透していくまで待った方が良いわけです。

乳液は、汗をかく季節だと使用する量も少なめにしてしまいがちですが、10円玉ぐらいの大きさを使ってください。掌で暖めてから顔に乗せ、体温を利用して掌でパッティングするように使うと、ベタベタする事なく肌の内側に浸透してくれて、モチモチ肌を手に入れる事ができます。

乳液のオイル成分を利用して、肌をマッサージする方法もあるようですが、これは賛否両論です。マッサージクリームとして乳液を使うのはOKですが、スキンケアの乳液をつける段階でマッサージをする場合には、乳液の量やすべり具合に気をつけながら、肌をむやみに刺激しないようにしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア乳液館]について

乳液の基礎知識や使い方、おすすめ製品の紹介をはじめとして、化粧水と乳液の順番についてやニキビができた時の使い方、そして洗顔との関係や男性の乳液について等など乳液について幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア乳液館] TOPページへ戻る

このページのトップへ