ニキビ跡の色素沈着予防

ニキビができている時に迅速な治療をしないと、ニキビの炎症が皮膚細胞にダメージを与えてシミのようなニキビ跡が残ってしまうことがあります。このニキビ跡は、肌細胞の中でメラニン色素が作られてしまい、それが色素沈着となって残ってしまうわけですが、メラニン色素による肌の色トラブルには、シミなどもありますよね。しかし、シミとニキビ跡とではダメージを受けている細胞の深さが異なるため、シミ取り用の美白化粧品を使っても、ニキビ跡の治療ができないことは少なくありません。

 

そんなニキビ跡の色素沈着で悩んでいる人におすすめなのが、アメリカとフランスの2カ国でなんと売上1位という実績をもつベルブランです。ベルブランはブースタータイプの美容液で、洗顔直後のすっぴん肌につけるとその後に化粧水などで与える有効成分が、より肌の奥まで浸透しやすくなるというメリットが期待できます。ベルブランがどのように肌の深い部分に残っている色素沈着型のニキビ跡に働きかけるかという点ですが、ナノ化された甘草エキスが肌のバリア機能の内側までしっかりと入り込むと同時に、美白作用が高いトラネキサムさんやカモミラエキスなどの有効成分を一緒に肌の内側に届けてくれます。

 

配合されている成分には美白成分以外にも美肌成分や抗炎症成分などニキビ跡に働きかけてくれる成分がたっぷり12種類入っていますが、どれも肌にとっては刺激が少ない成分なので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。ちなみにどんな成分が入っているかというと、紫外線による肌のダメージを軽減することができるテンニカの果実エキス、高い保湿作用を持つカモミラエキス、肌に透明感を与えてくれるシルバーパインの果実エキス、肌にハリを与えてくれるスターフルーツの葉エキス、そしてセイヨウオオバコの種エキスは肌にプルプル感を与えてくれる成分です。それに、ベルブランは無添加タイプなので、敏感肌の人やニキビがひどくて悩んでいる人でも安心して使うことができますよ。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブランのさらなる詳細はこちら

 

ニキビ跡に効く薬

ニキビ跡ができてしまうと、できているニキビを治療するよりもずっと長い時間がかかってしまいます。色素沈着タイプのニキビ跡は、肌の内側までニキビの炎症が進み、肌にダメージを与えたことによってメラニン色素が作られてしまうという症状ですし、クレータータイプのニキビ跡は、ニキビの炎症が真皮層まで達することによって、その部分で新しい肌細胞が作られにくくなってしまうことにより、肌の表面が凹凸になってしまうという症状です。ニキビ跡ができてしまうと、どんな薬を使っても一朝一夕で解消することは難しくなってしまいます。ニキビ跡の中でも色素沈着タイプなら、美白作用が高い成分が入っている薬を使うことで、少しずつ色味を目立たなくすることは可能ですが、クレータータイプのニキビ跡になると、真皮層がダメージを受けているため、薬を使っても肌自身が持つ再生能力によって自然治癒するのを待つしか方法はありません。そのため、ニキビ跡の中でもクレータータイプは治療に気が遠くなるような時間がかかってしまい、早くても数か月間、長ければ数年間という時間がかかるのです。

 

ベルブランは、薬ではなくスキンケア商品ですが、毎日のお手入れで使うことによって、肌細胞が内側からどんどん新しく作られやすい肌質を手に入れることができます。ベルブランはブースタータイプの美容液なので、使うのは洗顔後直後のすっぴん肌が理想的で、ベルブランを使うことによって、その後に使う化粧水や美容液、そして乳液などの有効成分が肌の内側にグンと浸透しやすくなるというメリットがあるのです。

 

薬でニキビ跡を直す場合、肌の表面をピーリングすることによって内側から新しい肌細胞を作ろうというメカニズムが多いのですが、乾燥肌の場合だと、ピーリングすることによって肌がさらに乾燥し、トラブルが悪化したり更なるニキビができてしまうことがあります。しかしベルブランなら、ピーリングするのではなくバリア機能を強化することで治療ができるので、乾燥肌の人にとってはぜひおすすめですよ。

 

ニキビ跡のクレーター対策方法

ベルブランはニキビ跡に効果的なブースタータイプの美容液ですが、色素沈着タイプでもクレータータイプでも、どちらのタイプのニキビ跡にも大きな効果が期待できます。その理由は、ベルブランは肌のバリア機能の内側に入り込み、有効成分を肌の内側の奥深い部分まで届けることができるから。美白成分や保湿成分、肌に弾力を与えてくれる成分などが高濃度にバランスよく凝縮されているので、毎日のお手入れで使い続ければ、一つ一つの肌細胞のバランスが取れると同時に、肌のターンオーバーが正常な状態へと改善され、満足できる肌環境を作ることにつながります。

 

ベルブランを使ってニキビ跡を治療する場合には、毎日の朝と夜のお手入れで欠かさずにベルブランを使うことがおすすめです。使い方はとても簡単で、洗顔後に肌全体にベルブランを伸ばしてあげるだけ。その後で、化粧水や美容液、そして保湿液を使ったお手入れをする事になります。ベルブランはブースター美容液なので、通常の美容液のように化粧水の後に使うというわけではなく、洗顔直後の化粧水の前に使うのがおすすめですね。

 

ベルブランを使ってクレーターがどのぐらいの期間でなくなるのかという点ですが、これは個人差があります。ニキビ跡がいつからあって深さはどのぐらいなのかという点によっても異なりますし、肌のターンオーバーのサイクルがどのぐらいバランスを崩しているのかによっても異なるでしょう。クレータータイプのニキビ跡は、一般的に色素沈着タイプのニキビ跡と比較すると治療するのに時間がかなりかかるといわれているため、ベルブランのような優秀な美容液を使っても一朝一夕に解決できるわけではありません。早くても数か月、遅ければ数年という時間がかかってしまうかもしれません。しかし、ベルブランを使うことによって肌が本来持っている肌再生能力や治癒力を高め、美容整形クリニックに行かなくてもツルツルの美肌を取り戻すことができるのですから、試して見ない手はありませんよね。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブランのさらなる詳細はこちら

 

男性のニキビ跡対策方法

ベルブランはニキビ跡に効果を発揮してくれるブースタータイプの美容液です。美容液というと女性のために開発されたスキンケア商品というイメージがありますが、ベルブランは男性が使っても大きな効果を実感することができます。女性の多くが毎日使っている基礎化粧品には、化粧水や美容液、そして乳液など複数の種類があり、それらを順番に使うことによって、肌に最も効果的かつ効率的なお手入れをすることができます。しかし、男性の多くは、日常的に化粧水や美容液、乳液などの基礎化粧品を使ったお肌の手入れをしているわけではないため、特定のスキンケア商品が良いといわれても、正しく使えるのかどうか、本来の効果を実感できるのかどうかという点で疑問が残ってしまうかもしれませんね。

 

ベルブランは、男性にもおすすめの美容液ですが、美容液と言っても化粧水の後に使うものではなく、ブースタータイプと言って洗顔直後にそのまま使うことができる美容液です。洗顔直後にベルブランを使うと、肌の内側に保湿成分や肌再生成分が浸透してくれるので、その後化粧水を使わない男性でも、肌を保湿することができますし、ニキビ跡の治療効果が期待出来る肌再生能力を正常な状態へと戻す効果が期待できます。もしもベルブランの後に化粧水を使うことができれば、ニキビ跡治療効果はさらにビッグになるので、より短期間で大きな効果を実感することにつながるでしょう。

 

ベルブランは店舗で購入するスキンケア商品ではなく、ネットショップで購入することができる商品です。そのため、スキンケアを購入することに抵抗がある男性でも、ネットなら誰にも知られることなく買いやすいですし、誰にも気づかれずにニキビ跡のお手入れができるのではないでしょうか。敏感肌の人やひどいニキビ跡で悩んでいる人にもおすすめのベルブランは、毎日の肌のお手入れに取り入れ、長く使うことによってどんどん美肌効果を実感することができるブースター美容液です。ぜひ試してみてくださいね。

 

ニキビ跡の治療方法

ベルブランは、色素沈着タイプやクレータータイプのニキビ跡に大きな効果を発揮してくれるブースタータイプの美容液です。ニキビ跡ができてしまうと、治療するために気が遠くなるほどの時間がかかってしまうことが多いのですが、治療法と言ってもなかなか有効な方法が少ないため、ニキビ跡で悩んでいる人はとてもたくさんいます。ニキビ跡の治療にはいくつかの方法があり、最も短期間できれいに治療できる方法と言えば、美容クリニックでレーザー治療を受ける方法ではないでしょうか。

 

レーザーをニキビ跡が気になる部分に照射すると、肌の真皮層を刺激して内側から新しい肌細胞がどんどん作られます。それによって、ダメージを受けてニキビ跡を作り出している肌細胞が排出され、内側から滑らかな肌が生まれるというわけですね。しかし、美容クリニックにおけるこうした治療は、一回の治療でニキビ跡がスッキリ治療出来るわけではなく、定期的に何回も治療を受けなければいけません。それに、クリニックでの治療と言っても、保険が利かない自由診療なので、コスト的にもかなり高くなってしまいます。経済的に余裕がない人にとっては、これはかなり痛いですし、現実的に実現するのが難しいでしょう。

 

皮膚科を受診してニキビ跡の治療をする場合、処方される薬はピーリング系の薬が多くなります。肌の表面をピーリングすることで、内側から新しい細胞を作り出すというメカニズムなのですが、肌を乾燥させてしまうので、乾燥肌の人だと肌トラブルがひどくなりやすいというデメリットがあります。コスト的にはリーズナブルですが、効果という点ではイマイチという人が多い治療法ですね。

 

ベルブランなどスキンケア商品を使った治療法は、薬を使ったプロの治療ではありませんが、毎日の肌のお手入れによって少しずつでも確実に肌質を改善できますし、コスト面や肌トラブルを起こしにくいという点で、大きなメリットが期待できる方法です。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブランのさらなる詳細はこちら