ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類について [〜にきび基礎知識〜]

ニキビは、早期に治療しないとニキビが治った跡にもニキビ跡として肌の上に残ってしまう事があります。ニキビの治療はスキンケアや皮膚科などで行うことができますが、ニキビ跡として残ってしまうと、スキンケアでも皮膚科でも治療する事が難しくなりますし、完全に治療できない事も少なくありません。ニキビ跡にもいくつかの種類があり、メイクでカバーできるニキビ跡もあれば、カバーしきれない跡などもあるので気をつけましょう。

ニキビ跡は大きく分類すると3種類あります。

・赤いニキビ跡
赤にきびの治療に時間がかかってしまうと、赤いニキビ跡として残りやすくなってしまいます。肌の内側が赤くなっているこのタイプのニキビ跡は、紫外線を浴びる事によってもっと赤くなってしまったり、どす黒いシミのようになる事もあるので気をつけなければいけません。ホルモンバランスを整えたり、高周波治療などによって赤みを取り除く方法はあるようですが、時間もかかりますしコストもかかります。

・色素沈着タイプのニキビ跡
ニキビがあった場所だけではなく、ニキビによって周辺一体の毛細血管がダメージをうけてしまうと、色素沈着というニキビ跡が残りやすくなってしまいます。色素沈着のニキビ跡は、赤ら顔のように見えてしまうこともあり、メイクでカバーするのもかなり困難。高周波治療などで毛細血管のダメージを治療する事によって色素沈着を治療する事も可能です。また、メラニン色素によってシミのようなニキビ跡が残る場合もあります。このタイプのニキビ跡はとても厄介で、肌の意外と深い部分で色素沈着が起きている事も多く、ケミカルピーリングなどを行なわなければ自然治癒する事が難しいケースもあるようです。

・凸凹のニキビ跡
ニキビ跡の中でも最も厄介なのが、クレーターと呼ばれる凸凹肌。ニキビによって真皮層も破壊されてしまっているため、時間をかけてもなかなか完治しない事が多いようです。美容外科などでも完治するのが難しい凸凹タイプのニキビ跡は、できるまえに予防するようにしましょう。

スポンサード リンク


にきび対策にオススメ♪ ジュエルレインの紹介

保湿にたいへん優れ、乾燥する冬や、紫外線の怖い夏でも潤いのあるお肌を保ってくれる人気のニキビケア商品が「ジュエルレイン」です♪ 特に背中にきび、二の腕にきび、胸元にきびのケアに強く、1ステップでニキビのケアができてしまうことが最大の特徴です。時間のない朝や、何かと忙しい方にも手軽に毎日使い続けることが可能ですよ。60日間の返金保証を実施している安心感も全国で大人気を呼んでいる秘密でしょう!!
ニキビにお悩みであればぜひ詳細をご覧になってみてくださいね、美容専門雑誌や新聞などのメディアにも多数掲載された今話題の商品です☆
※詳細はこちら → Jewel Rain(ジュエルレイン)

このページのトップへ