ネイルケアの甘皮処理

ネイルケアの甘皮処理について

ネイルケアの中でも、爪の形や長さを整えるファイリングなら誰でもしていると思いますが、甘皮処理まで丁寧に普段からしている人は、それほど多くないようです。しかし、ネイルケアとして甘皮処理をする事は、爪の大きさがぐんとアップして美しく見えるようになるための必要不可欠なステップ。面倒だから・・と省略せずに、普段のネイルケアの中でぜひ甘皮処理もするようにしましょう。

爪の付け根部分の甘皮は、新しい爪を作り出しているマトリックスという部分を保護する役割をしています。しかし、爪とともに甘皮が伸びてしまったり、指先が乾燥すると甘皮部分も乾燥したりして指先が美しく見えない原因になる事もあります。また、甘皮部分が乾燥してしまうと、爪の乾燥の原因にもなりますし、二枚詰めや、割れやすく凹凸のある爪になったりして、長期的にも余り良い事はありません。

ネイルケアの甘皮処理は、毎日する必要はありません。毎日少しずつ伸びている爪でも、毎日爪きりで爪を切る人はいませんよね?爪をファイリングする頻度と同じぐらいの頻度で甘皮処理をしてあげると良いようです。目安としては、2週間に1度ぐらいを目安としましょう。

甘皮処理をする際には、まず最初に爪とともに伸びている甘皮を元の位置に戻してあげる事からはじめましょう。ウッドスティックと呼ばれるスティックにコットンを巻きつけ、そこに水などで湿らせて、甘皮処理をしやすくします。それと同時に、甘皮部分の皮膚を柔らかく処理しやすくするため、ハンドバスにつけたり、洗面器に張ったお湯の中に指先を浸したりしてください。この作業によって、甘皮部分が柔らかくなるだけでなく、指先についているゴミや油分などを落とす事ができます。

水でぬらしたコットンを巻きつけたウッドスティックを使い、甘皮を爪の付け根に向かってやさしく押して上げましょう。力をいれず、やさしく押してあげるだけでも、甘皮がきちんと柔らかくなっていれば簡単に皮膚を押し戻すことができるはずです。

スポンサード リンク



フィットネスジャパンBeautyのオススメ!!

手荒れ、乾燥でガサガサ、ネイルの持ちが悪い、すぐ剥がれる、爪が割れやすい、2枚づめになりやすい、ささくれやあかぎれに...そんなお悩みがあればぜひ人気ネイリストが作った奇跡の美手肌&美爪ケアせっけんを使ってみてくださいね♪ 今ならじっくり試せる30日間保証、全額返金キャンペーンも実施中なのでお試しのチャンスです☆
※詳細は → 美しい手を守るディッシュソープ

このページのトップへ