眉毛カラーの方法

眉毛カラーの方法について

眉毛のカラーってご存知ですか?眉毛と髪の色は、できれば同じカラーにそろえたほうが、全体的な印象がシックリくるのですが、髪は脱色したりカラーで色を付けているのに、眉毛だけ黒いまま、という人も少なくありません。モデルやセレブを見てみると、髪をカラーで明るくしている人の多くは、眉毛も同じ色に脱色していることが分かります。そう、髪と眉毛は、同じタイミングでカラーをするのが理想的なのです。

眉毛のカラーと言われても、何をどのようにしたらよいのか分からない人も多いですよね?実は、美容院で髪を染めるなら、美容師にお願いすると眉毛もカラーしてもらうことができます。自宅で髪を染める場合には、使っているヘアカラーを少しだけ使って眉毛にも色を入れてあげることができます。眉毛はそれほど毛量も多くありませんから、必要なヘアカラーの量もほんのわずか。髪を染める放置時間よりも短時間で眉毛もきれいに色を入れることができます。

眉毛カラーの方法をご紹介しましょう。使っているヘアカラーを軽く眉毛に乗せていくのですが、髪用の脱色剤は肌に負担が大きなものも多いので、肌アレルギー反応を起こさないかどうか、まずはパッチテストをしてから始めましょう。そして、目の周辺の皮膚は刺激に弱い部分でもあるので、できるだけ眉毛以外の皮膚にはヘアカラーがつかないように注意してくださいね。

万が一にもヘアカラーが液だれして目に入ってしまうと、最悪の場合には失明のリスクもありますから、液だれしないように気を付けることも必要です。眉にヘアカラーを付けたら、液だれを防ぐという目的で、コットンを薄く半分の厚さに引裂き、眉毛の部分に乗せておくのも良いでしょう。ちなみに美容院でヘアカラーをする場合でも、コットンを眉毛の上に乗せてくれるところが多いようです。

眉毛のカラーは、つけすぎると液だれのリスクが高くなってしまいますが、少なすぎて眉毛が完全に隠れていないと、隠れていない部分の毛は染まりません。根元が染まっているのに先端部分が黒のままだったり、先端部分だけ染まって根元が黒かったりすることにもなるので気を付けてくださいね。

スポンサード リンク


眉毛のお手入れに便利なフェリエ・マユメイクの紹介

Panasonicから発売されている「フェリエ マユメイク」は、マユの形作りや高さ揃えがカンタン綺麗にできると人気となっています♪ 密着スイングヘッドが目もとや凹凸のある部分にも密着。肌の凹凸にあわせて、ヘッドが左右に10°スイング。細かい凹凸にも吸い付くように密着し、ウブ毛を常に均一にシェーブしますヨ。眉毛のお手入れに便利ですので、よろしければぜひ使ってみてくださいネ!

このページのトップへ