眉毛の剃り方

眉毛の剃り方について

眉毛のお手入れの基本は、希望する形に合わせて余分な部分を剃ったり抜いたりするという方法ではないでしょうか。慣れないうちは、思わず剃りすぎて失敗してしまうこともありますが、眉毛はしばらくすればまた生えてくるので心配いりません。しかし、あまり頻繁に抜きすぎたり剃りすぎたりしていると、年齢とともに、その部分から眉毛が生えにくくなってしまうのも事実。そうならないように、できるだけ失敗しない眉の剃り方を知っておくのも良いでしょう。

眉毛を剃る際に必要になるアイテムは、カット用のはさみ、眉毛用のブラシやコーム、最終的に形を整えるための毛抜きなど。フェイスシェーバーなども持っていると、肌に負担をかけることなくムダ毛処理ができます。

まず最初に、眉毛を剃る前に、眉毛の形を決めることから始めましょう。眉頭、眉山、眉尻の位置を決め、ペンシルなどで完成した眉の形を書くのも良いでしょう。慣れてくれば、そうした作業をすることなく、ブラシやはさみ、毛抜きでさっとお手入れすることもできるようになりますが、慣れないうちは、失敗を防ぐためにも最初に眉毛の形を描くことをお勧めします。眉毛の形にも色々なものがありますが、どんな顔にも必ず似合う「黄金比率」と呼ばれる形にしておけば、どのシーンでも失敗することがないので安心です。

眉毛を剃るといっても、カミソリで剃るのではなく、眉毛用のはさみで余分な部分をカットするのが一般的なお手入れ法。この時、やたらめったらに切るのではなく、眉頭の部分は眉の上部をカットし、眉尻の部分は眉の下側をカットするようにしていきましょう。眉毛の下側ばかりを眉頭から眉尻までカットしてしまうと、眉と目の距離が開いてしまいます。そうすると、顔がフラットに見えてしまうので逆効果。より立体的な目元を作るためには、眉毛と目との距離が縮まって見えるようなカッティングをしたいですね。そして、はさみでカットした後に、最終的に毛抜きで無駄な部分の毛を抜けば完成です。

スポンサード リンク


眉毛のお手入れに便利なフェリエ・マユメイクの紹介

Panasonicから発売されている「フェリエ マユメイク」は、マユの形作りや高さ揃えがカンタン綺麗にできると人気となっています♪ 密着スイングヘッドが目もとや凹凸のある部分にも密着。肌の凹凸にあわせて、ヘッドが左右に10°スイング。細かい凹凸にも吸い付くように密着し、ウブ毛を常に均一にシェーブしますヨ。眉毛のお手入れに便利ですので、よろしければぜひ使ってみてくださいネ!

このページのトップへ