眉毛の書き方

眉毛の書き方について

人間の眉毛の形にはそれぞれ個人差があり、自分の眉毛の形が気に入っているという人もいれば、気に入らないという人もいると思います。また、眉毛の形には流行があるので、太い眉毛が流行することもあれば、眉毛というよりは「線」と呼んだほうが良いのではないかというほど細い眉毛が流行することもあります。

流行に合わせて眉毛の形を変えるのも良いですし、自分の気に入った形をずっと貫くことも悪くありませんが、基本的な眉毛の書き方を知っていると、どのような形の眉毛を作る場合でも、スピーディに完成度が高い眉を描くことができます。

眉毛が濃いなぁと感じている人は、眉毛を描く前に、まずは無駄な部分のお手入れをすることから始めると良いでしょう。意思が強くて芯がしっかりしているようにも見える太眉も、お手入れができていないと、ただのボーボー眉となってしまいます。特に眉尻は毛がバラバラになっていることも多いので、拡大鏡を使って1本1本を残すか抜くかを決めながら、形を整えていきましょう。眉が太い人は、無理に眉を描くよりも自分の眉毛の形を整えるだけにするのもおすすめです。

眉毛を本格的に処理する習慣がついたまま、気が付いたら眉毛が半分ぐらいの長さになってしまうことが多い人も多いですよね。90年代にスーパーモデルが大流行したころに眉毛のお洒落を楽しんでいたアラフォー女子の中には、眉頭側の半分しか眉が生えていないなんて言う人も少なくありません。

このタイプの眉毛は、完成した形を頭の中でしっかりとイメージしながら、眉を描いていくことが大切です。眉毛の上側にはあまり手を加えず、眉毛の下側と目との間に眉毛を描いていくようにしましょう。ペンシルタイプで書いたほうが自然な形に仕上がるので、リキッドよりもペンシルがおすすめですが、アイブロウのカラーは、自分の繭の色に合わせて選んでくださいね。

眉毛を描くときには、まず最初に眉山、眉尻を決めます。そして、眉頭から眉山へ向かって眉毛の下側を描き、そこから眉尻に向かって終点を決めましょう。そのラインを中心として、自分の眉毛が足りない部分を追加していくと完成度が高く仕上がりますよ。

スポンサード リンク


眉毛のお手入れに便利なフェリエ・マユメイクの紹介

Panasonicから発売されている「フェリエ マユメイク」は、マユの形作りや高さ揃えがカンタン綺麗にできると人気となっています♪ 密着スイングヘッドが目もとや凹凸のある部分にも密着。肌の凹凸にあわせて、ヘッドが左右に10°スイング。細かい凹凸にも吸い付くように密着し、ウブ毛を常に均一にシェーブしますヨ。眉毛のお手入れに便利ですので、よろしければぜひ使ってみてくださいネ!

このページのトップへ