眉毛の脱色

眉毛の脱色方法について

髪の色はヘアカラーでブラウン系にしたのに、眉毛は真っ黒のままだった・・というのでは、せっかくのお洒落も台無し。髪を脱色したら、眉毛もそのカラーに合わせて脱色したほうが、全体の印象が決まりやすくなります。美容室で髪を脱色する際には、眉毛も併せて脱色してもらえるように相談してみると良いでしょう。

自分自身で髪の脱色をする場合には、自宅で眉毛の脱色もすることになりますが、この場合には注意が必要です。ヘア用の脱色剤をそのまま眉毛につけてしまう人も多いと思いますが、髪用の脱色時は、フェイス用に作られているわけではないので、刺激が強いことがあります。万が一、目に入ったりすると失明するリスクもあるので、よく注意しながら使うようにしてくださいね。

自宅で行う眉毛の上手な脱色方法をご紹介しましょう。

使う脱色剤は、髪の脱色に使ったものと同じで構いません。目に入らないようにしなければいけませんから、テクスチャーが硬めのクリームや、泡タイプの脱色剤を使ったほうが安心かもしれませんね。脱色剤の1剤と2剤をよく混ぜたら、眉毛の上に乗せていきますが、この時、できるだけリスクを減らして効率的に脱色できるように、眉毛の長さは最初に整えておいたほうが良いでしょう。脱色剤を乗せた時に、眉毛が少しでもはみ出していると、その部分は脱色できないので気を付けましょう。

髪の脱色なら、脱色剤を乗せてそのまま放置しますよね?しかし、眉毛の脱色では、万が一の液だれが目に入らないようにしなければいけないので、脱色剤を乗せた眉毛にコットンを半分ぐらいに切って乗せておくと良いでしょう。

脱色剤の放置時間ですが、髪の脱色時間と同じぐらい放置する必要はありません。5分〜8分ぐらいでOKです。脱色剤を洗い流す際には、いきなり水やぬるま湯で洗い流すのではなく、余分なクリームをティッシュオフしてから洗い流すようにすると良いでしょう。慣れればそれほど難しくないので、ぜひお試しくださいね。

スポンサード リンク


眉毛のお手入れに便利なフェリエ・マユメイクの紹介

Panasonicから発売されている「フェリエ マユメイク」は、マユの形作りや高さ揃えがカンタン綺麗にできると人気となっています♪ 密着スイングヘッドが目もとや凹凸のある部分にも密着。肌の凹凸にあわせて、ヘッドが左右に10°スイング。細かい凹凸にも吸い付くように密着し、ウブ毛を常に均一にシェーブしますヨ。眉毛のお手入れに便利ですので、よろしければぜひ使ってみてくださいネ!

このページのトップへ