眉毛の育毛

眉毛の育毛方法について

若い頃には眉毛が濃すぎたり太すぎたりするのが嫌で、日常的に抜いたり剃ったりする人も少なくありません。しかし、日常的に眉毛の毛根にダメージを与えていると、年齢とともに眉毛が生えにくくなってしまうこともあるようです。若い頃には、剃っても抜いても次々と生えてきた眉毛が、気が付いたら生えてほしい量すら生えてこないということにもなりかねません。

眉毛が生えてこないのなら、ペンシルで書くこともできます。しかし、やはり自然な眉毛のフサフサ感は、どうしてもペンシルでは再現することができません。眉毛が薄くなってきたな〜と感じたら、眉毛の育毛をするという方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

眉毛の育毛を考える場合には、普段のメイククレンジング剤を見直すことも必要です。短時間でメイクの汚れがさっと落とせるオイルクレンジングを使っている人も多いと思いますが、石油系成分や、ラウリル硫酸などが配合されているものは、眉毛の毛根にダメージを与えるので、育毛したい人にとっては控えたほうが良いかもしれません。クレンジング剤を選ぶ場合には、アミノ酸系のものを選ぶのがおすすめです。

眉毛が薄くなり始めたばかりの人なら、クレンジング剤を変えるだけでも育毛効果を期待することができます。もっと確実に育毛したい場合には、クレンジング剤を見直すと同時に、育毛効果のある美容液を使う方法も良いかもしれませんね。

育毛効果のある美容液は、まつ毛の育毛剤としても使われているメラニン成分が主成分となっているものも多いようです。高い育毛効果を期待することができる反面、肌につくとその部分が紫外線に反応して黒くなってしまうというデメリットもあります。眉毛の育毛に使う場合には、夜寝る時に使うようにし、使用直後にはできるだけ紫外線を浴びないように気を付けたいものです。

眉毛の薄毛を防ぐためには、抜いたり剃ったりする必要がある部分を最小限に抑えた眉毛のお手入れを心がけることも必要です。年齢とともに生えなくなっても問題ない部分なら、毛抜きで日常的に抜くのも良いかもしれませんが、眉頭から眉尻までをすべて抜いてしまうというのはやめたほうが良いでしょう。

スポンサード リンク


眉毛のお手入れに便利なフェリエ・マユメイクの紹介

Panasonicから発売されている「フェリエ マユメイク」は、マユの形作りや高さ揃えがカンタン綺麗にできると人気となっています♪ 密着スイングヘッドが目もとや凹凸のある部分にも密着。肌の凹凸にあわせて、ヘッドが左右に10°スイング。細かい凹凸にも吸い付くように密着し、ウブ毛を常に均一にシェーブしますヨ。眉毛のお手入れに便利ですので、よろしければぜひ使ってみてくださいネ!

このページのトップへ