眉毛メイクのコツ

眉毛メイクのコツについて

眉毛のメイクは、簡単そうで意外と難しいですよね。どんなに練習しても、なかなか上手にできないという人も多いですし、自分の眉の形や濃さによっては、かなりのテクニックがなければ理想的な眉の形が作れない、なんて人もいるものです。

しかし、眉毛のメイクによって、目元の印象はがらりと変わります。他の部分がきれいにメイクされていても、眉毛一つで台無しにしてしまうことがないように、眉毛のメイクは時間をかけてでもぜひマスターしたい部分ではないでしょうか。コツをつかむと意外と簡単にメイクできるので、何回も練習して、素敵な眉毛が短時間で作れるように頑張ってくださいね。

眉毛メイクに必要なものは、アイブロウ用のペンシル、ふんわりとぼかすためのパウダー、そして、眉毛用のマスカラです。

まず、眉頭、眉山、眉尻を決めたら、ペンシルを使って眉毛の背骨となるラインを引いていきます。この時、眉頭から眉山までをまず最初に描き、次に眉山から眉尻までのラインを決めると良いでしょう。一気に眉頭から眉尻までを描こうとすると、なかなか大変なものです。ペンシルで大体の形を決めたら、次にはみ出している部分のムダ毛を毛抜きや眉毛ばさみなどでカットしましょう。普段から眉毛のお手入れをしている人なら、カットしたり抜く手間は省けると思います。

ペンシルで描いた眉毛で満足できれば、そこで眉毛のメイクは終了しても問題ありません。しかし、さらにナチュラルで完成度の高い眉毛を作る場合にはペンシルで描いた眉毛の上に、眉毛用のパウダーを載せていきましょう。たくさん載せると眉毛が存在を主張しすぎてしまうので、少しだけ乗せて、指でぼかしていくのがおすすめですよ。

最終的な仕上げには、眉用のマスカラがおすすめです。マスカラをさっと眉に乗せるだけで、眉毛に立体感が出ます。ただし、普段から眉毛のお手入れをしている人なら、マスカラを使って眉毛を立てることで立体感を出すことができますが、眉毛1本1本の長さが長すぎる人の場合には、まずははさみでカットしたりして、眉1本ずつの長さを短く揃えてから眉毛メイクを始めたほうが良いでしょう。

スポンサード リンク


眉毛のお手入れに便利なフェリエ・マユメイクの紹介

Panasonicから発売されている「フェリエ マユメイク」は、マユの形作りや高さ揃えがカンタン綺麗にできると人気となっています♪ 密着スイングヘッドが目もとや凹凸のある部分にも密着。肌の凹凸にあわせて、ヘッドが左右に10°スイング。細かい凹凸にも吸い付くように密着し、ウブ毛を常に均一にシェーブしますヨ。眉毛のお手入れに便利ですので、よろしければぜひ使ってみてくださいネ!

このページのトップへ