奥二重のアイメイク方法

奥二重のアイメイク方法について

奥二重のアイメイクは、二重なのにまぶたに隠れてしまう奥二重の特徴を生かしながら、マスカラとアイラインで目のフレームをはっきりと見せるアイメイクがお勧めです。奥二重のまぶたは、もともと目尻側のラインははっきりと見えるのが特徴。そのため、アイメイクを引く際にも、目尻の側を強調した引き方をすると、ナチュラルさがなくなってしまうので気をつけなければいけません。奥二重の人がアイラインを入れる場合には、あまりはみだしたりしないように気をつけながら、まぶたのラインにきちんと沿って、できるだけはっきりと、しかし細めに入れるのがポイントのようです。ペンシルタイプのアイライナーだと、どうしてもボンヤリと太めに入ってしまうので、リキッドタイプのアイライナーを使うのが良いかもしれませんね。

リキッドアイライナーは、通常の場合には、アイメイクなどが終わった最終的な段階でさっと入れる事が多いので、最初にアイシャドウを乗せてしまうようにしましょう。奥二重まぶたのアイシャドウは、二重まぶたと同じような感じで乗せて問題ありません。ただし、二重ラインをはみだして濃い色を乗せると、まぶたがはれて見える事もあるので気をつけてくださいね。

リキッドアイライナーでアイラインを入れる時には、まつげとまつげの間をアイライナーで埋めていくような感じで入れていきます。まぶたを持ち上げながら丁寧にアイライナーを引いてくださいね。リキッドアイライナーが乾いたら、次は奥二重を大きく魅力的な目に見せるために、まつげビューラーとマスカラで仕上げていきます。マスカラは、フィルムタイプのものを選び、根元から毛先にかけて、まつげが長く見えるようにたっぷりと縫っていきましょう。目頭辺りの部分や下まつげはなかなか塗りにくいものですが、丁寧に塗ってくださいね。

通常ならアイメイクはここで終了になりますが、奥二重の場合には、最後にワンステップだけ加えると、奥二重を生かした魅力的な目元を作る事ができます。それは、ゴールド系のアイシャドウをハイライトとして上瞼に載せる事。あまりたくさんつけずに、少しだけサッとつけてあげましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方