ナチュラルアイメイク方法

ナチュラルアイメイクの方法について

学校や職場などにはナチュラルアイメイクがおすすめです。ナチュラルアイメイクは、仕上がりがナチュラルに見えるアイメイクの事で、手抜きをしたアイメイクをするという事ではありません。ナチュラルアイメイクというと、なんとなくアイメイクに時間をかけずにサッと済ます事ができるのかな、というイメージを持つ人もいますが、実はナチュラルアイメイクと言っても、アイメイクにかける手間や時間はそれほど短くなるというわけではありません。計算されたナチュラルアイメイクなら、自然に見えながらも自分の美しさを最大限に引き出すことができますから、ナチュラルアイメイクはぜひマスターしておきたいアイメイクと言えるでしょう。

ナチュラルアイメイクの方法をご紹介しましょう。まずさ志保にアイラインを引いたら、アイシャドウの入れ方によってナチュラルアイメイクを作ります。何色か異なるトーンになっているアイシャドウパレットを持っている人なら、肌色に最も近いトーンのアイシャドウをアイホール全体にいれます。その後、少し濃い色のアイシャドウを、まぶたの二重ラインの内側を少し越えるぐらいの幅で乗せていきます。この時、まぶたのセンターラインの幅が最も広くなるように入れるのがポイント。上級者向けのアイメイクになるともっと他の入れ方もありますが、ナチュラルアイメイクの場合には、アイホール全体が丸みを帯びるような感じで、センター部分が最も幅広になるようにしてくださいね。

ナチュラルアイメイクでは、アイシャドウのグラデーションを自然な感じに活用し、まぶたに近い部分に濃い色のアイシャドウを重ねて乗せていきます。基本形をマスターしたら、自分の目もとの印象に合わせて、少しアレンジするのも良いでしょう。目尻の方が少し高めに濃いアイシャドウを乗せたり、濃いアイシャドウの高さを自分の目元に合わせて調節しながら、どんな風にアイメイクをしたら、どんな感じのナチュラルアイメイクになるのかを研究するのも楽しいですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方