一重のアイメイク方法

一重のアイメイク方法について

日本人に多い一重まぶた。一重の人の合いメイクは、二重まぶたと同じアイメイクをしても、二重まぶたと同じような仕上がりにはなりません。一重まぶたの場合には、一重という特徴を生かしたアイメイクをした方が、ずっと美しい仕上がりになります。一重まぶたでも、一重を生かしたアイメイクをすれば、デカ目を作る事ができたり、つけまつげを活用する事も勿論可能です。

目と開いた時にアイラインが隠れてしまう一重まぶたの人は、二重の人よりもずっと濃く太くアイラインを引くのがおすすめです。アイメイクなども、一重の場合にはまぶたで隠れてしまいますから、二重まぶたよりもはっきりとアイメイクをしながら、上瞼だけではなく下瞼にもメイクをして、目の幅や厚みをアップしてあげるアイメイクをしましょう。

一重まぶたの人のアイメイクの方法をご紹介しましょう。まず最初に、アイラインを引きます。この時、目を閉じた時にも開けた時にも不自然な感じにならないように、ブラウン系のアイライナーを使うとナチュラルな感じに広がります。アイライナーは目を開けた時には隠れてしまいますから、割と濃く太く引いても問題ありません。

アイラインを引いたら、アイシャドウを使ってアイラインをぼかしていきます。二重まぶたの場合には、アイホール全体に薄い色を乗せ、二重ラインの内側に濃い色を乗せ・・・とまぶたの特徴をしかしながらいくつかの色を載せていきますが、一重まぶたの場合には、色を重ねる事で目が腫れぼったく見えてしまうこともあるので気をつけなければいけません。ブラウン系アイシャドウを使えば、何色も重ねなくても立体的で魅力的な目元を作る事ができるので、はじめはブラウン系1色からスタートするのも良いでしょう。

一重まぶたの場合には、下瞼の外側3分の1にも、ブラウン系アイシャドウを乗せて、目が丸くなるようにするとデカ目効果が期待できます。また、ハイライトは必ず入れ、まぶたを立体的に見せるようにするのもポイントですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方