コントロールカラーの選び方

コントロールカラーの選び方について

コントロールカラーを選ぶ際には、肌のどの部分を色補正したいのかによって、まずカラー選びからはじめましょう。

・グリーン系
肌の赤味を抑える効果があります。赤ら顔、ニキビ跡の色素沈着などにおすすめのカラーです。

・ブルー系
くすみを解消する効果があります。くすみやすい肌、黄色のトーンが強い肌などにおすすめです。

・パープル系
肌のくすみを解消する効果があると同時に、仕上がりを艶やかな印象にしてくれる効果があります。デート前やパーティ前など、自分をより美しく華やかに見せたい時におすすめのカラーです。

・イエロー系
肌の赤味を消す効果があります。グリーン系よりもマットに仕上がるので、塗る範囲が広い場合にはグリーン系よりもイエロー系の方が良いかもしれませんね。化粧下地を兼ねているイエロー系コントロールカラーもたくさんあります。

・ホワイト系
ハイライト的に使えて、肌に立体感や透明感を出してくれる効果があります。Tゾーンを中心に塗るのがポイントです。

・ピンク系
血色が良くない肌を、健康的に見せたい時にお勧めなのがピンク系。チークをたっぷり塗るよりもナチュラルで健康的な肌に見せる事ができます。

・オレンジ系
目の下にクマができやすい人にお勧めなのが、オレンジ系コントロールカラー。特に、色素沈着系の茶クマにハ、オレンジ系のコントロールカラーが有効です。

コントロールカラーにはいろいろなカラーがあり、それぞれに効果や塗る場所が異なります。ホワイト系コントロールカラーのように、肌トラブルをカバーするためではなく、肌をより美しく見せるためのアイテムとしてコントロールカラーを使う事もできますが、ニキビ肌、くすみやすい肌、クマ、血色の悪い肌、などは、コントロールカラーを使う事で肌の悩みを解消する事ができます。

コントロールカラーは、たくさんのブランドからラインナップされています。コンシーラーのようにネットリした使用感のものも中にはあるようですが、多くのコントロールカラーは、比較的サラッとして軽い使用感に仕上がっている事が多いようですね。どのアイテムも、比較的リーズナブルに購入できるので、肌の悩みや肌の調子に合わせていくつかのカラーを使い分けるのも良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方