アイメイクでアンチエイジング効果

アイメイクでアンチエイジング効果について

自分の第1印象を決める目元は、できるだけ自分が演出したい自分を作る事ができるようなアイメイクをマスターしたいですよね。その中でも、30代以上の女性の場合には、アイメイクでアンチエイジング効果を出す事もできる事はご存知ですか?

アンチエイジング効果を狙ったアイメイクでは、できるだけ派手なカラーをアイシャドウとして使いすぎないのがおすすめです。もちろん、カラーを使わない事は、アイメイクに手を抜くという事ではありません。若い頃には、どんなつたないテクニックでアイメイクをしても、それなりに見えるものですが、30代以降のアイメイクは、自分がそれまで学んできたアイメイクの技術をフル活用しながら、ナチュラルに見えて、かつくすみにくく長持ちするアイメイクに仕上げる事が必要です。

アンチエイジング効果の高いアイメイクは、ずばりアイラインの引き方に特徴があります。赤い頃よりも少しだけ太くて濃くアイラインを入れるだけでなく、目尻のアイラインを少し上に伸ばしてあげるような感じでラインを入れてあげる事によって、目元がキュッと引き締まったリフトアップ効果なども実感できるようです。

アイライナーを引く時には、ペンシルタイプのアイライナーにするのか、リキッドタイプにするのか、迷う人も多いと思います。アンチエイジングにおすすめのアイライナーは、ペンシルタイプとリキッドタイプのちょうど中間に位置するジェルタイプのアイライナー。ジェルタイプはリキッドよりも固めの使用感なので、ウッカリ失敗してしまうリスクも少ないのが特徴です。また、ペンシルタイプよりも付がよいので、朝に引いたアイライナーが夕方にもそのままキープできるのも、ジェルタイプの大きな特徴と言えるでしょう。

アンチエイジングにおすすめのアイメイクは、マスカラのつけ方も重要です。若い人なら、マスカラによるダマも愛嬌のうちでしたが、大人の女性のマスカラがダマになっているのは見苦しいものです。なるべくダマになりにくく、1本1本に確実に塗る事ができる優秀なマスカラを選ぶ事も大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方