コントロールカラーの順番

コントロールカラーの順番について

スキンケアやメイクには、本当にたくさんのアイテムを使用しています。それぞれのアイテムに異なる効果があるだけでなく、それぞれのアイテムを正しい方法で使うことが、メイクを美しく仕上げるためのポイントです。化粧水、美容液、乳液と基本的なスキンケアをしたあとには、まず化粧下地を塗り、その後にファンデーションという流れでベースメイクをしていきますよね。この時、肌の色補正のために塗るコントロールカラーは、どこに使ったらよいのでしょうか?

コントロールカラーは、化粧下地を塗ってファンデーションを塗る直前の肌に使うのが理想的です。化粧下地には、その次に塗るファンデーションのノリを良くしたり、ファンデーションの色を美しく魅せる効果などがあります。そのため、化粧下地を塗った後の肌にコントロールカラーを使うと、コントロールカラーの色味もそのまま出す事ができるので、肌の色補正効果を最大限に演出する事にもつながります。

コントロールカラーは肌の色補正のために使うアイテムなので、顔全体に広げてしまうという使い方はNGです。コントロールカラーを使う目的や使用するカラーによって、顔のどの部分にコントロールカラーを乗せたらよいのかが異なります。

例えば、赤ら顔などで、顔の赤味を消したい場合には、グリーン系のコントロールカラーを使用しますが、この場合には、赤味が強く出やすい両頬を中心に薄く広くコントロールカラーを広げてあげると良いでしょう。

肌のクスミやムラを解消する効果があるパープル系やイエロー系のコントロールカラーは、くすみやムラが出やすい部分を中心に塗ってあげましょう。肌全体がドンヨリとくすみやすい場合には、目の下の頬の部分にサッと塗ってあげると効果的です。

ホワイト系のコントロールカラーは、肌のトーンをアップして透明感のある肌に見せる事が出来ます。そのため、肌全体に塗ってしまうのではなく、Tゾーンを中心としてハイライト的に使ってあげるのがおすすめです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方