コントロールカラーの使い方

コントロールカラーの使い方について

使うか使わないかによってメイクの仕上がりに大きな差がつくコントロールカラー。どんなものかご存知ですか?

コントロールカラーは、化粧下地の後にポイント的に塗るクリームで、肌のトーンをコントロールしてくれる働きがあります。例えば、もともと赤ら顔の場合には、メイクをしても肌の赤味が浮いてしまいます。その赤味を消し去って涼しげな表情に仕上げることができるのが、コントロールカラーなのです。肌の赤味を押さえたい場合には、グリーンの色をしたコントロールカラーを選ぶと良いでしょう。イエロー系にも肌の赤みを解消してくれる効果がありますが、どちらのカラーが良いかは自分の肌に乗せながら相性をチェックすると良いかもしれませんね。

血色があまり良くなくて健康的に見えない肌にも、コントロールカラーが役に立ちます。この場合には、血色を良く見せるピンク系やオレンジ系のカラーを選ぶと良いでしょう。その他にも、パープル系コントロールカラーには、肌のくすみを改善して華やかな印象に変身させてくれるという効果があります。

コントロールカラーのほとんどには、グリーン、ピンク、オレンジなどの色がついています。このカラーを肌に乗せるとどうなってしまうのだろう?と不安になるかもしれませんが、大丈夫。コントロールカラーは肌に乗せても透明になってくれるわけではありませんが、肌になじんで、その上にファンデーションを塗っても、肌の色補正効果はそのままキープできると言う素晴らしい効果が期待できます。

コントロールカラーの役目は、肌のトーンを改善するだけではありません。コントロールカラーの中には、化粧下地として使う事ができるアイテムなどもたくさんラインナップされています。化粧下地、コントロールカラー、ファンデーションと、肌にいくつもの層を塗る事に抵抗がある場合などには、化粧下地も兼ねる事ができるコントロールカラーを使ったりして、使用するアイテムの数を減らすのも良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方