にきびにお奨めの化粧下地

にきびにお奨めの化粧下地について

ニキビが出来ている肌に化粧下地を塗る事は、少し勇気が必要ですよね。ファンデーションだけでも毛穴が詰まっているような気がしてしまいますから、化粧下地というさらにレイヤーを重ねてしまう事で、毛穴が詰まってニキビが悪化してしまうのではないかと心配になってしまうものです。しかし、ニキビ肌のように肌トラブルを抱えている肌こそ、正しい化粧下地を使って肌質から改善してあげる工夫が必要です。

ニキビ肌におすすめの化粧下地は、あまりベッタリしていない使用感のものを選ぶのが良いでしょう。化粧下地にも、シットリ保湿ができるタイプのものもあれば、サラッと軽い使用感のものなどたくさんの使用感がラインナップされています。ニキビ肌の中でもオイリー肌が原因になっているニキビ肌の場合には、オイルフリーなど、油分が余りたくさん入っていない化粧下地を選ぶと良いでしょう。

化粧下地の中には、シミやソバカスなどをカバーしてくれるものもたくさんあります。平面的なシミやソバカス、色素沈着などは、そうした化粧下地である程度カバーする事もできますが、凹凸のあるニキビやニキビ跡などは、化粧下地だけでカバーする事はできません。カバー力のある化粧下地でニキビをカバーしようとすると、どうしても厚塗りになってしまいますし、毛穴が詰まって肌トラブルが悪化してしまうこともあるので気をつけてくださいね。ニキビを隠したい場合には、化粧下地の前にコンシーラーでニキビをカバーするようにしましょう。

ニキビができている肌に化粧下地を塗る場合には、化粧下地を塗る前のスキンケアも大切です。化粧水、美容液、乳液と肌の水分バランスを整えた後で、化粧下地を塗ってファンデーションの前の土台を作ってあげると、ファンデーションのノリも良くなり、化粧崩れを防ぐ事ができます。ニキビ肌の場合には、ファンデーションもサッと軽い使用感のミネラルパウダーファンデーションやBBクリームぐらいに抑えておくと良いかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方