化粧下地とは

化粧下地について

メイクにはいろいろなプロセスがありますが、化粧水や乳液などで肌を整えた直後、また、ファンデーションのすぐ前に使うアイテムの一つに「化粧下地」があります。化粧下地はファンデーションと同じ肌色をしているものもたくさんありますが、ファンデーションとは作用が異なるので、ファンデーションの代わりにする事はできません。

化粧下地は、ファンデーションの下に塗る事によって、その上に塗るファンデーションのノリやツキをよくしたり、メイク崩れを予防する働きがあります。また、日焼止め成分が配合されているものも多いので、日差しが強くない季節には、化粧下地に配合されている日焼止め成分によって紫外線を予防する事ができます。

化粧下地は、基本的にはリキッドタイプになっています。ファンデーションと同じような肌色をしているものも多いですし、白色のものやグリーン、ピンク色などカラーがついているモノなどもあります。白色のものは顔につけるとスッとなじんで透明になるので心配いりません。また、ピンク色やグリーンなどカラーがついている化粧下地は、肌の赤みを消したり血色を良く見せる効果があるので、肌全体の印象をアップしたい時に活用すると良いでしょう。

化粧下地は、ファンデーションの下につける事で、汗や皮脂などを吸収し、ファンデーションの崩れを防いでくれる効果もあります。最近では、汗や皮脂などにも負けない強力な化粧下地なども多く、朝のメイクを夕方まで長持ちさせる事ができるという下地なども登場しています。

化粧下地にはまた、不均一な肌のトーンのバランスを整えてくれる効果もあります。シミや赤みなどは、化粧下地をつける事によってある程度カバーする事ができますし、場合によってはコンシーラーの役目もしてくれます。気をつけたいのは、薄いシミなどは化粧下地でカバーできるものも多いのですが、ホクロのように色が濃いシミやホクロ、アザなどは化粧下地だけではカバーしきれない事を理解しておかなければいけません。化粧下地でカバーしようと厚塗りをするのではなく、コンシーラーなどでサッとカバーしてあげた方が良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方