チークブラシの選び方

チークブラシの選び方について

チークを美しく仕上げるためには、自分の肌に合ったチークのカラーを選ぶだけでなく、どんなブラシを使ってチークを載せるかによっても仕上がりが大きく事なります。メイク用のブラシにも色々な大きさや種類がありますが、チークに使うブラシは、チーク用にラインナップされているものを選ぶようにしましょう。選び方のポイントは、毛先が四角にはっきりとカットされているタイプではなく、丸みを帯びて柔らかい感じになっているブラシがチークブラシです。フンワリと立体的に乗せたいチークを間違ったブラシで使ってしまうと、ベッタリと2Dのカラーを肌に乗せてしまう事になり、仕上がりも平面的になって失敗してしまいます。注意しましょう。

チークブラシを選ぶ際には、毛先の形状だけではなく、ブラシを持った時の感触なども大切です。ブランドによっては、ブラシの柄が長かったり短かったりいろいろなタイプがありますが、フンワリと薄付きにつけたいチークの場合には、できるだけ柄が長めのブラシを使うのが良いのだとか。短い柄のブラシを使うと、自然に手に力が入ってしまい、チークが濃くなってしまうことが多いようです。短めのブラシを使いたい人は、パフを使った方が薄付きに仕上げる事ができそうですね。市販されているチークブラシの柄の長さを見てみると、10センチ〜15センチぐらいのものが多いようです。力をいれずに薄付きでチークを入れたい場合には、柄の長さは15センチ以上のものを選ぶのが良いのだとか。このぐらいの長さになるとかなりセレクションが絞られてくるので、ネットショップを上手に活用しながらブラシ探しをするのも楽しそうですね。

チークブラシは、見ただけでは実際の使用感は分かりません。ブラシの形や柄の長さがまさに理想的なブラシでも、実際に肌に触れたらチクチクして痛かった、なんて事も少なくありません。リピーターのブラシでない限りは、初めてトライするブラシにあまり費用をかけてしまうのも控えた方が良いでしょう。実際に肌に触れてみて、フンワリとソフトな使用感で使えるブラシを選ぶのがポイントです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方