クリームチークとは

クリームチークについて

クリームチークってご存知ですか?固形のチークやパウダータイプのチークなどは広く知られているタイプのチークですが、ファンデーションにパウダータイプやリキッドタイプなど色々な形状があるように、実はチークにもリキッドタイプやクリームタイプなどがあります。その中でもクリームチーズは、クリームのような質感で粘り気があり、初めてパウダー以外のチークに挑戦する人におすすめのチーク。イメージ的には、色がついているクリームをメイクの上からピンポイントで頬に乗せると考えると分かりやすいかもしれませんね。

クリームチークは固めのテクスチャーをしたクリーム状になっているので、指に少量とって、頬に指を使って塗布していきます。パウダーチークのように粉っぽさもないので自然な感じにつける事ができるというメリットがありますが、なれないうちは量をたくさんつけすぎて、つけすぎ感が出てしまう事も多いので気をつけてくださいね。パウダーチークよりもはっきりとしたカラーが表現できるクリームチーク。チークを塗っているという感じではなく、健康的で自然な血色を表現する事ができるというメリットもあります。

クリームチークをつける際には、少なすぎるかなというぐらいの少量をまず指にとってから頬に載せていきます。この時、頬を擦るようにつけてしまうのはNG。指の腹を使って叩き込むように塗りこんでいきましょう。肌を擦るように指を動かしてしまうと、クリームチークがヨレやすくなってしまいますし、肌に負担をかけてしまうので気をつけてくださいね。

クリームチークは、お隣の美肌大国、韓国でも大人気となっています。韓国ではクリームチークでもパフなどにとって肌に乗せる人が多いようで、クリームチークというよりはケーキタイプのチークに近い感じのかなり固めのテクスチャーになっているチークもたくさんラインナップされています。いきなり柔らかいクリームチークに挑戦する事に抵抗がある場合には、まずは韓国コスメのチークからスタートしてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方