チークの色

チークの色について

ピンク系、オレンジ系、ベージュ系など、色々なカラーがラインナップされているチーク。どのカラーを選べば良いのか迷ってしまいますよね。チークのカラーを選ぶ際には、こんな仕上がりにしたいなという全体的な印象をイメージしながら選ぶのも良いですが、自分の肌や雰囲気に合っているトーンやカラーのチークを選ぶ事が大切です。メイクの仕上げにサッと頬に入れるチークは、意外と存在感があるメイクアイテムなので、チークの選び方一つでメイクの仕上がりが大きく左右されてしまいます。

ナチュラルメークを目指したい人におすすめなのは、ベージュ系のカラー。ファンデーションとほとんど変わらないカラーなので、一見なにも塗っていないように見えるものもありますが、チークを入れる事によって顔を立体的に見せる事ができます。初めてチークに挑戦する人にもおすすめのカラーですね。

ピンク系のカラーは、全体的が華やかでキュートな感じに見せたい時におすすめのカラーです。ピンク系には薄いパステルピンク系のトーンもあれば、色が濃いローズ系などもあります。より華やかさを強調したい場合には色の濃いローズ系がおすすめですし、ナチュラル感も出したい場合には薄いパステル系がおすすめです。

チークの使い方にもなれてきた人が挑戦してみたいカラーといえば、オレンジ系やレッド系。オレンジ系は肌色の延長線上にあるカラーですが、実はチークとして使うと、かなり目だってしまう色。元気でエネルギッシュな印象を与える事ができますが、広い範囲で入れると違和感がアップしてしまうので気をつけましょう。また、レッド系は血色が良くない時などにおすすめのカラー。健康的に見せてくれる効果があるので、疲れている時などに使いたいカラーですね。

チークのカラー一つで、全体的な雰囲気や印象がガラリと変わります。普段使いのチーク、デートの時のチーク、パーティの時のチークなど、色々なシーンに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方