チークの入れ方

チークの入れ方について

健康的な血色に見せてくれるだけでなく、顔全体に華やかさを与えてくれるチークは、なかなか上手に入れられないという人も多いアイテム。簡単そうで難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。チークは上手に入れれば、顔の形のコンプレックスを解消してくれる効果が期待できるだけでなく、華やかな印象を与えてくれる便利なアイテムですが、間違った入れ方をしてしまうと、オテモヤンのように頬ばかりが赤くなってしまったり、全体の印象もマイナスになってしまうので気をつけなければいけません。 チークの入れ方には色々ありますが、基本的には自分の顔の形に合わせて入れる場所を工夫するのが良いでしょう。チークのカラーはメイクに合わせたり肌のトーンに合わせたりしながら調節する事ができますが、自分の顔に合わせたチークの場所は、チークを入れる始点と終点をきちんと覚えておくようにしましょう。

例えば、卵型の長細い顔をしている人なら、頬骨の少し下ぐらいから、横に広がるような感じでチークを入れれば、顔が横にフックラして見えるので、顔の長さを解消する事ができます。丸顔の場合には、顔のサイドに陰をつけるようなイメージで、頬骨の中心ぐらいから耳の付け根に向かってチークを入れてあげるようにしましょう。

エラが張っ手いる人は、エラをチークで目立たなくするようなイメージで、えらの部分からコメカミにかけてチークを入れてあげるのがおすすめです。下膨れの人は顔全体が下に下がって見えるので、頬骨の少し上ぐらいから横に広がるような感じで、高い位置にチークを入れてあげるのが効果的と言われています。

チークを正しく入れると、顔が立体的に見えると同時に、他人の視線を思い通りの方向へと誘導する事ができます。例えば、全体的に肌がたるんでいる年齢肌なら、チークを少しだけ上の方向に入れてあげれば、顔全体がリフトアップしたように見えるので、アンチエイジング効果も期待できそうですよね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方