リップメイクの方法

リップメイクの方法について

簡単そうで意外と難しいリップメイク。アイメイクには時間をかけても、リップメイクはサッとグロスで済ませてしまうという人も少なくないのでは?

実は、口元の印象が少し変わると、全体の印象も大きく変わってきます。口元はリップメイクによって魅力的な唇を作る事ができるので、シーンに合わせたリップメイクをマスターしてお期待ですね。唇はもともと肌色ではなく、少し赤味を帯びた色がついています。唇にどのぐらいのカラーがついているのかは個人差がありますが、もともと唇の色が濃い人の場合には、薄いカラーのリップをつけても発色が良くないこともあるので、リップメイクの最初には唇の色をなくしてしまう作業からはじめるのが基本です。

まず最初に、リップメイクの下地作りから始めましょう。アイメイクに時間をかける前に軽くリップスティックを唇に塗り、アイメイクの間放置しておきます。そして、リップメイクの順番になったら、リップをティッシュオフしましょう。この時、ティッシュは唇を軽く押さえるぐらいにしておいて、あまりゴシゴシしないように気をつけてくださいね。リップスティックがついたままの唇では、そのあとのアイテムがきちんと乗りませんし、もちも悪くなってしまいますから、ティッシュオフの作業は省略しないようにしましょう。

リップライナーで唇の輪郭をとったら、コンシーラーを使って唇のカラーを取り除きます。リップ用のコンシーラーがない場合には、肌色に近いカラーの口紅でもOKです。その次に、自分の好みのカラーのリップスティックを乗せていきましょう。肌色の口紅を塗ったあとにカラーグロスだけで仕上げたい場合には、それでもOKです。コンシーラーなどで唇の色を消しているので、どんなカラーでも魅力的に仕上がるはずですよ。

リップライナーは、口紅のカラーとマッチさせるのが基本ですが、肌色系のナチュラルリップをメイクする場合には、あまり濃すぎるカラーはチョイスせずに、ホンノリと唇のラインが分かる程度のカラーを選ぶのがおすすめ。ナチュラルさをアップして魅力的なリップメイクに仕上げてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方