コンシーラーでの青クマカバー

コンシーラーでの青クマのカバーについて

目の周辺のクマには、茶色っぽく見える「茶クマ」と、青っぽく見える「青クマ」があります。茶クマの場合には、目の周辺をこすったりする事によって色素沈着がおきてしまっているクマなので、なかなか自然に回復する事ができません。一方、青く見える青クマの場合には、疲れやストレスなどで血行不良が進み、目の周辺に血液がきちんと流れていない事が原因で現れます。目の周辺部分の皮膚はとても薄いので、ストレスや疲れ、冷えなどによって青くなっている血液が皮膚から透けて見えている状態が、青クマです。

青クマをカバーするには、コンシーラーはオレンジ系の明るいトーンのものがおすすめです。目の周辺の皮膚はとても薄いので、コンシーラーを使ってクマをカバーする際にも、使い方に気をつけなければいけません。シミやソバカスなどをカバーする際には、コンシーラーはカバーしたい部分に直接乗せて、後から指でトントンしながら肌になじませます。しかし、カバーしたい面積が広い上に肌が薄い目の周辺にこの作業をしてしまうと、目の周辺の皮膚に負担をかけてしまいシワやたるみの原因になってしまいます。青クマが出来る目の下の部分にコンシーラーを乗せる時には、クマの部分に直接コンシーラーを塗るのではなく、指先にコンシーラーをとり、指からカバーしたい場所に載せてあげるようにするのがお勧めです。

デリケートな目の周辺に使うコンシーラーは、カバー力があるスティックタイプのコンシーラーもOKですが、できるだけソフトなテクスチャーの物を選びましょう。リキッドタイプのコンシーラーは、テクスチャーはソフトですがカバー力がイマイチなので、クマを完全にカバーできないかもしれません。そのため、クリーム状、スティック状のコンシーラーの中から、伸びが良くてソフトな使用感のコンシーラーを選ぶ事が必要です。

青クマは、生活習慣を改善したりすれば少しずつ改善する事ができます。毎日のメイクで青クマをカバーするだけではなく、生活習慣も改善して、青クマができにくい体質を作りたいですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方