コンシーラーで吹き出物カバー

コンシーラーでの吹き出物カバーについて

シミやソバカス、目の下のクマなどは、肌トラブルと言っても平面上に色素沈着のような感じで色が変わっているタイプの肌トラブルなので、コンシーラーを上手に使えば、他人から全く気づかれる事なくトラブルをカバーする事ができます。しかし、吹き出物やニキビのように肌に凹凸がある場合には、コンシーラーを使ってもなかなかカバーできない事も多いですよね。実は、肌の凹凸系トラブルをコンシーラーでカバーするためには、少し工夫が必要です。

コンシーラーで吹き出物やニキビ跡などをカバーするためには、スティックタイプやクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。リキッドタイプではカバー力が弱すぎるので、コンシーラーとしての目的を果たす事ができません。テクスチャーが固めの方が、肌の凹凸をカバーしやすいようです。

吹き出物をコンシーラーでカバーするには、塗り方も大切です。通常の場合には、コンシーラーを肌に乗せたらトントンと何度も指でタッチしながらコンシーラーと肌をなじませていきますよね。しかし、吹き出物をカバーする場合には、あまり何度もトントンとタッチするのはおすすめではありません。理想的なのは、メイクブラシの枝などに取ったコンシーラーを吹き出物がある場所にピンポイントで乗せ、コンシーラーの境目のみを軽くぼかす程度に留めておく事です。シミやソバカスなどに比べると頑固な色素沈着や肌の凹凸などの吹き出物をカバーするためには、できるだけ少ない回数でサッとカバーしてしまうのが、上手にコンシーラーを使うコツのようです。薄く伸ばしたりしているとなかなかカバーできないため、どうしても何回もコンシーラーをつけて厚塗り感が出てしまいます。気をつけてくださいね。

活発にできている吹き出物をコンシーラーでカバーする際には、できるだけ一日中メイクをしたままで放置しないように気をつける事も大切です。コンシーラーとファンデーションで吹き出物を完全に塞いでいるため、吹き出物は悪化しやすい環境にありますよね。帰宅したらすぐにクレンジングでメイクを落とし、吹き出物をスピーディに治療してあげる工夫も大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方