コンシーラーでクマ隠し♪

コンシーラーでのクマの隠し方について

目の周辺にドンヨリとあらわれるクマ。クマには、茶色っぽい色素沈着系のクマもあれば、青っぽい血行不良系のクマなどがあり、コンシーラーを使うときにも自分のクマがどちらのタイプなのかを見極める事によって、適切なコンシーラーのタイプが異なります。自分のクマが茶色っぽい場合には、イエロー系の化粧下地を使い、暗く見える部分の肌トーンをアップさせておいてから、自分の肌よりも少しだけ明るいトーンのコンシーラーを使うのがおすすめ。また、血行不良による青いクマの場合には、ピンク系で血色が良く見える化粧下地を使ってクマをカバーしたあとに、自分の肌と同じトーンのコンシーラーを使って、クマをカバーしてあげるのが良いでしょう。

コンシーラーは、クマはもちろん、シミやソバカス、ホクロなどの色素変色系トラブルに対しても活用できるアイテムなので、リキッドタイプよりはテクスチャーが固めのスティックタイプの方がおすすめです。リキッドタイプだと広い範囲にサッとつける事ができるというメリットがありますが、カバー力が弱いので、茶色のクマなどは、リキッドタイプのコンシーラーではカバーしきれないこともあるかもしれません。

シミやソバカスなどをカバーするためのコンシーラーは、カバーしたい場所に直接つけてしまい、それを指でトントンとなじませてあげますよね。そして、ファンデーションの前にコンシーラーを使うのが一般的です。しかし、カバーしたい面積が広いクマの場合には、コンシーラーを使うのは、ファンデーションの後。普段使っているファンデーションを塗った後に、コンシーラー出熊をカバーしてあげる方法が良いようです。コンシーラーを塗るときにも、コンシーラーをクマに直接塗るのではなく、指にコンシーラーを取ってから、カバーしたい部分に乗せていくようにした方が、自然な仕上がりになるようです。この時にも、コンシーラーはトントンと軽く叩くような感じで肌に乗せ、擦ったりしないように気をつけてくださいね。最終的にフェイスパウダーで仕上げると、ファンデーションとコンシーラーが一体化してナチュラルに仕上がります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方