コンシーラーの使い方

コンシーラーの使い方について

シミやソバカス、クマなど肌トラブルの場所をピンポイントでカバーする事ができるコンシーラー。リキッドタイプやスティックタイプなどいろいろなタイプがありますが、シミやクマなどをカバーする時には、スティック状になっているコンシーラーがおすすめです。これは、リキッドタイプのコンシーラーだと、シミなどの色素沈着を隠すためについつい厚塗りになってしまう事が多いから。その点、硬いテクスチャーでできているスティック状のコンシーラーなら、少量でもスピーディにカバーしたい部分をピンポイントでカバーする事ができます。

コンシーラーは、基本的にはファンデーションを塗る前に使用します。ファンデーションを塗る時には、すでに美肌の土台が完成しているような感じをイメージすると分かりやすいと思います。コンシーラーは、スティック状のものをそのまま肌に乗せてもOKですが、シミなど必要最小限の部分のみをカバーするためには、スティック状のコンシーラーを細いメイクブラシを使ったりして取り出しましょう。この時、ブラシにコンシーラーを取って肌に乗せても良いですし、ブラシの反対側の枝の部分を使ってコンシーラーを取り出すという方法などもあるようです。固めのテクスチャーのコンシーラーは、ブラシを使ってもなかなか取り出せないことも多いですから、臨機応変に対応できるようにしておくと良いかもしれませんね。

カバーしたい場所にコンシーラーを乗せたら、トントンと指などでコンシーラーを肌になじませながらシミやソバカスを消していきます。この時、肌を擦るように指を動かすのはNG。肌に負担がかかってしまいますし、シミやソバカスのカバー力も低下してしまいます。

コンシーラーで肌トラブルをカバーしている事は、他人には気づかれたくありませんよね。そのため、何トーンかラインナップされているコンシーラーの中から、できるだけ自分の肌色に近いトーンのものを選ぶ事も大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方