ファンデーションは塗らないほうがよい?

ファンデーションは塗らないほうがよいのか

「ファンデーションは塗らないほうが良い」
という説があります。これにはいろいろな理由や説がありますが、誰でも無条件で「ファンデーションを塗らない方が良い」と言うわけではありません。

ファンデーションはスッピンの自分よりも美しく見せるといいう審美的な目的で使う人が多いのですが、最近のファンデーションには審美的な目的以外にも、美肌効果がある成分が配合されていたり、日焼け止め効果のある成分が配合されていたり、また、保湿効果があって肌の乾燥を防いでくれるものなど、いろいろなタイプがラインナップされています。化粧水や乳液などで基本的なスキンケアをしている人でも、外出する時にファンデーションなしで外出するのは、肌を無防備な状態で紫外線やゴミ、ホコリなどにさらしている事にもなるので、あまり肌にとってはおすすめではありません。日焼け止めやファンデーションなどで、肌をできるだけ紫外線に露出しないような工夫をする事が、将来のシミやクスミを予防する事にもつながります。

ファンデーションを塗らない方が良いという説には、自分の素肌を意識する事ができるという意味もあります。外出しない日でも朝から晩までずっとファンデーションを縫っている人にとっては、自分の素肌とじっくり向き合う時間がほとんどありません。ファンデーションでいつも隠してしまっているシミやクスミなどと向き合いながら、普段のスキンケアを見直してみたり、また、肌の弾力やハリなどをチェックするのも、やはりファンデーションを塗っている肌よりは素肌をチェックした方が、わずかな違いでも確実にキャッチする事ができます。そういう意味では、全く外出しない日などにはファンデーションをいっさい塗らず、スッピンの肌と向き合ってスキンケアを見直すための時間として使うのも良いかもしれませんね。

ファンデーションを塗った方が良いのか塗らないほうが良いのかについては、どんなファンデーションを塗っているのか、ファンデーションの選び方にも大きな関係があるようです。肌に合わないファンデーションや、メイククレンジングでもなかなか落ちないファンデーションなどは、やはり肌にとってはマイナスなので塗らない方が良いでしょう。肌と相性が良いファンデーションを見つけて使用する事が大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方