アイメイクで目が曇る

アイメイクでの目の曇り防止について

アイメイクって発色がステキなカラーのアイシャドウもたくさんありますよね。朝にメイクした時には、アイシャドウのカラーがそのまま発色していたのに、夕方になったらなんとなく目が曇っているような感じがするという人も、実は意外とたくさんいるようです。

目が曇ってしまうというのは、実は肌がくすんでしまうのと同じ症状が目元でも起きているということ。午後になると肌がくすんでしまうと言うのは、ファンデーションが酸化してしまったり、十分に前日のメイクを落とせていなかったりする事が原因ですが、アイメイクの場合にも同じ事が言えます。ウォータープルーフ系のアイメイクをしているのに、メイククレンジングはファンデーション用のクレンジングのみという場合には、もしかしたらアイメイクが完全にクレンジングできていないのかも知れません。ウォータープルーフなどのポイントメイクでもきちんと落とす事ができるクレンジングを使って見ましょう。目の曇りもすっきりと解消できるはずです。

コンタクトレンズをしている人は、アイラインを引く時には少し注意が必要です。アイラインを引く時に、まぶたの内側のラインにアイラインを入れている場合には、そのラインが滲んでコンタクトレンズに付着し、視界が曇ってしまうことがあるようです。ウォータープルーフタイプのアイラインを使っていても、まぶたの内側は粘膜なのでどうしても滲みやすくなってしまいます。コンタクトレンズをつけていて、視界の曇りが気になる場合には、アイラインはまぶたのギリギリ外側に引くように変えてみるだけでも、視界の曇りは解消する事ができそうです。

アイメイクでウォータープルーフタイプのものを遣っている人は、目の曇りなどの症状が出ていなくても、できるだけポイントメイク用のリムーバーを使うのがベターです。クレンジングで落ち切れていないアイメイクの成分が少しずつ沈着して、目の周辺の色素沈着の原因になってしまう事もあります。メイクをしたら必ず落とす、のを心がけてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方