ベースファンデーションの選び方

ベースファンデーションの選び方について

ベースファンデーションとは、ファンデーションの前に塗るファンデーションの事で、「ベース」「下地」などと呼ばれる事が多いようです。ベースファンデーションは、化粧水や美容液、乳液などで肌の水分バランスを整えてから肌に乗せていきますが、ファンデーションの前にベースを塗る事によって、肌のトラブルをカバーする事ができたり、肌を1日美しくキープする事が出来るようになります。そのため、ベースファンデーションを選ぶ際には、ファンデーションなどとライン使いするのも良いですが、できるだけ自分の肌質に合っていて、肌トラブルを解消できるようなものを選ぶのがおすすめです。

例えば、多くの人が悩んでいる赤ら顔は、実はベースメイクによってカバーする事ができます。ベースファンデーションには、グリーンやブルーのカラーをしているものもあり、こうしたカラーを選ぶ事によって、時間が経つと赤くなりやすい赤ら顔の赤みを抑えて透明感のある肌質を一日中キープする事ができるようになります。

顔色が悪いといつも言われるような場合には、ピンク色のベースファンデーションが良いでしょう。ベースメイクによってピンク色を肌に追加する事が出来るので、ファンデーションの前段階で肌の血色が良く見えてくれます。顔色が悪く見える人の多くは、チークを多めに載せたりする事も多いのですが、ベースメイクで血色を良く見せる事ができれば、より自然で健康的な華やかさを手に入れる事ができます。

目の下のクマが気になる場合には、イエローのベースファンデーションがおすすめです。クマが出る部分にイエローのベースを塗る事によって、クマを確実にカバーして健康的な肌に見せる事が出来ます。

こうしたカラーのベースファンデーションは、ネットショップや美容セレクトショップなどでリーズナブルに販売されています。顔全体に塗るベースファンデーションとは別にこうしたカラーのベースファンデーションを使ってもOKなので、できるだけ使用感の軽いものを選ぶようにすると良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方