汗に強いファンデーション

汗に強いファンデーションについて

ファンデーションに関する悩みにも色々ありますが、その中でも多くの人に共通しているのが汗などによるファンデーションのくずれ出はないでしょうか。汗ばみやすい季節には、せっかく塗ったファンデーションもあっという間に崩れてしまいますし、皮脂分泌が過剰になる事でファンデーションが崩れてしまうのも切ないですよね。

屋内で生活している人なら、ファンデーションが少しぐらい崩れてもメイク直しをする事ができます。しかし、アウトドアを楽しんでいる人にとっては、いちいちファンデーションが崩れたからと言ってメイク直しをするのも面倒なものです。

そんな時にぜひお勧めなのが、汗に強いファンデーション。汗に強いファンデーションをつけておけば、少しぐらいの汗や皮脂分泌などでもメイクが崩れる事がなく、長時間メイクをキープする事ができます。アウトドアを楽しみたい人や、屋外に出る事が多い人などにとっては救世主的なファンデーションとも言えるでしょう。

汗に強く崩れ難いファンデーションは、朝のメイクをそのままずっとキープする事ができます。ブランドによってはシミや凸凹肌などもきちんとカバーしてくれる優秀な機能を持つファンデーションなどもたくさんありますから、肌質や肌トラブルに合わせて選ぶと良いでしょう。

一つだけ気をつけたいのは、汗に強いファンデーションは崩れ難いというメリットがありますが、同時に、メイクを落としたい時には落としにくいというデメリットもあります。ウォータープルーフタイプのポイントメイクを落とす事ができるようなタイプのクレンジングを使ったりしながら、毛穴の中にファンデーションが残ってしまわないように気をつける事が、汗に強いファンデーションと仲良く付き合っていくためのコツと言えるでしょう。

汗に強いファンデーションは、「汗に強い」「ウォータースポーツもできる」「ウォータープルーフ」などの宣伝文句とともに販売されている事が多いようです。暑い季節にはぜひ活用してみたいファンデーションですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方