クリームファンデーション

クリームファンデーションについて

ファンデーションはそれぞれ、メリットやデメリットなどがあります。登場したばかりの頃には一世を風靡するほど大人気だったリキッドファンデーションですが、パウダーファンデーションと比較するとカバー力があって薄付きでも陶器肌を作る事が出来るというメリットがあると同時に、シミなどをカバーする能力がイマイチ欠けているというデメリットもあります。リキッドファンデーションのデメリットをカバーして、リキッドタイプよりもさらにカバー力をアップさせてシミなどもカバーできるファンデーションとして登場したのが、クリームファンデーション。

クリームファンデーションはリキッドファンデーションよりもよりベッタリしたクリーム状のファンデーションですが、リキッドタイプと基本的には同じように使う事ができます。ただし、リキッドファンデーションは肌に乗せた瞬間にスーッとなじんでスピーディに乾いてしまいましたが、クリームファンデーションの場合には、乾くまでに少しだけ時間がかかるので、時間をかけてゆっくりファンデーションを乗せていきたい人にはぜひおすすめのファンデーションと言えるでしょう。

クリームファンデーションは、乾燥肌の人にもおすすめです。リキッドファンデーションよりもオイル成分がたくさん入っているクリームファンデーションは、肌の内側の水分を逃がさずに保湿する事ができます。ただし、オイル成分がたっぷりのクリームファンデーションを使う事によって、もしかしたらポイリー肌の人は化粧崩れを起こしやすくなってしまうかもしれません。ファンデーションをクリームタイプに変えて化粧崩れが早くなったという場合には、軽いテクスチャーのクリームファンデーションに変えるなどして対応すると良いでしょう。

クリームファンデーションは、指の腹などを使って、肌を押さえるような感じで乗せていきます。スポンジなどを使ってリキッドファンデーションを使っていた人でも、クリームファンデーションの場合にはスポンジよりも指を使った方が、仕上がり度がかなり変わってきます。乾きにくくて修正がしやすいクリームファンデーションだから、指をつかう方法をマスターしたいですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方